税理士プロフィール マーケティング お問い合わせ HOME

判例クッキング
〜世の中の身近な出来事を料理していきます〜

プロローグ
税理士の菅野です。

私が思いますところ、これからは「裁判」がドンドン増えてくると予想されます。何故か?
雪印の事件でも日ハムの事件でも大企業が起こした不祥事です。
では、何故大企業がこのような事件を起こしたのか?多分、資本主義の限界がやってきたように思います。
戦後、働き続けた日本人がたどり着いたのは、効率・利益重視であります。
しかし、残念ながら人間は元々単細胞のアメーバとDNAはあまり変わらないらしいのです。
ようはキャパ(容量)の問題でしょうが、
line

image  image  image 


【白鵬の日本国籍取得】2019/10

相撲は、国技のため日本国籍を有せねば、ならない。部屋を持てないらしいです。

大坂なおみ(テニス)は、ハーフのためアメリカの国籍と日本の国籍を有しているが、スピーチが、英語のためにいまいち日本人らしくない。

二重国籍については、裁判例があります。
国籍法11条1項違憲訴訟(成人二重国籍を認めてほしいとする訴訟)
2018年10月9日(火曜日)、11時30分。
場所 東京地方裁判所703号法廷(東京都千代田区霞が関1-1-4)

長年海外に住んでいる日本人は「外国の国籍を得た結果、日本国籍を失ってしまった」

さて、皆様は、どう考えますか?この裁判は、まだ結果が、はっきり出ていないようです。
一つは、日本語能力試験みたいな試験を二重国籍を認めるようにするのか?

毎年二重国籍者に非居住者であっても、毎年国民保険料ぐらいの金額を義務付けるか・・・※


※:このように考察すれば、二重国籍は、難しい問題です。


〜判例バックナンバー〜
第四十回 『著作権侵害】について』
第三十九回 『外れ馬券は、経費になるか?U』
第三十八回 『オープン or クローズ』
第三十七回 『GPS判決について』
第三十六回 『非配偶者間人工授精(AID)?(W)』
第三十五回 『非配偶者間人工授精(AID)?(V)』
第三十四回 『非配偶者間人工授精(AID)?(U)』
第三十三回 『法の下の平等? T』
第三十二回 『予見可能性と注意義務違反・・・JR福知山線脱線事故判決』
第三十一回 『非配偶者間人工授精 (AID)?(T)』
第三十回 『裁量権について(T)』
第二十九回 『見解の相違とは・・・』
第二十八回 『外れ馬券は、経費になるか?』
第二十七回 『凶器について・・・自転車同士衝突』
第二十六回 『薬の販売とインターネット』
第二十五回 『裁判員制度のその後 -過失について-』
第二十四回 『逆転無罪−著作権法違反幇助って何?V』
第二十三回 『逆転無罪−著作権法違反幇助って何?U』
第二十二回 『逆転無罪−著作権法違反幇助って何?T』
第二十一回 『裁判員制度についてX』(PART4)
第二十回 『裁判員制度についてW』(PART4)
第十九回 『裁判員制度についてV』(PART3)
第十八回 『裁判員制度についてU』(PART2)
第十七回 『ロス事件について、裁判員制度についてT』(PART1)
第十六回 『著しく低い価額 W』(PART4)
第十五回 『著しく低い価額 V』(PART3)
第十四回 『著しく低い価額 U』(PART2)
第十三回 『著しく低い価額』(PART1)
第十二回 『電子申告・住基ネット問題について』
第十一回 『歯科技工は、製造業か?サービス業か?』(PART3)
第十回 『歯科技工は、製造業か?サービス業か?』(PART2)
第九回 『歯科技工は、製造業か?サービス業か?』(PART1)
第八回 『合法か違法か?』(ライブドア vs フジテレビ)
第七回 『一太郎』・『花子』が販売禁止に!
第六回 『一時所得』 と 『給与所得』〜Part 2〜
第五回 『給与所得』(塩)?『一時所得』(砂糖)?
第四回 『納税者と国税側との意識のズレ』
第三回 『税金裁判はなぜ起こる』
第二回 『常識について』
第一回 交通事故問題