判例クッキング お問い合わせ HOME

− マーケティング論 −

AKB商法限界』 2019/6

常にトップを走っていたAKB他の多人数グループの商法にかげりが、みえてきた。
遠いアイドルだった人達を身近にする方法が、裏目に出てきた。

CD1枚に握手券(CDの売上倍増)が、入っているのはいいが、「ひとりで何枚も買う、ここが、おかしい。普通は、一人が一枚のCDを買う」

この部分は、以前も取りあげた。しかもAKBの妹分で、全国にAKB方式を使う。
情報を操作して、キャバクラのように、誰かひとりアイドル(グループ内)を見つけて、応援させる。

そして、遂に悲劇が・・・ 握手会の時にアイドルを襲う事件まで行ってしまった。

芸能界は、「夢を売る」商売もある。
しかし、「現実の夢」が混同する商法は、やがて破綻する。


      


グラフ

〜バックナンバー〜
第四十六回 『テーマパークの進化』
第四十五回 『AKB商法』
第四十四回 『ゴルゴ13と浮浪雲の終了』
第四十三回 『トランプは、キングか?ジョーカー?』
第四十二回 『相続税と将棋界』
第四十一回 『ガラパゴスの復活』
第四十回 『リカちゃんが、試験問題に初登場』
第三十九回 『AKBと半沢直樹』
第三十八回 『フリーザーとタイガーザ・グレイト』
第三十七回 『大鵬と時代』
第三十六回 『大鵬の死去』
第三十五回 『レディ・ガガとマドンナと倖田來未』
第三十四回 『バービー人形とリカちゃん人形 PARTT』
第三十三回 『マイケルとリー』
第三十二回 『宝塚歌劇と倖田來未』
第三十一回 『キャラの世界』
第三十回 『2つの顔』
第二十九回 『漫画とのコラボレーション(ハチワンダイバー実写化)』
第二十八回 『KYの世界』
第二十七回 『円谷プロがTYO傘下に・・・』
第二十六回 『サザエさんと水戸黄門』
第二十五回 『パチンコ業界の隆盛』
第二十四回 『小悪魔になる方法』
第二十三回 『それでもボクは・・・』
第二十二回 『デス・ノートの戦略』
第二十一回 『スーパーマン&ウルトラマン』
第二十回 『ロボカフェとメイドカフェ』
第十九回 『力道山の魅力』
第十八回 『倖田來未の魅力』
第十七回 『進化する世の中』
第十六回 『三つの流れ』
第十五回 『ニート』と、『ギャンブル』
第十四回 『貴ノ花、 散る』
第十三回 『バンダイとナムコ統合』
第十二回 『バンパイヤとデス・ノート』
第十一回 『シャラポワ』の実力・『手のひら or 指』
第十回 今年の総括・・・『アイ』 ブーム
第九回 『 IT 企業3社が、に参入!』・
        『 ヨン様 』と『ブルース・リー 』 ・『 イチローの記録 』
第八回 『レトロとCG』
第七回 『レトロと魔法』
第六回 『スポーツ界の女子選手の活躍』
第五回 『女子バレー』と『トリビアの泉』
第四回 『ドラゴンボール』と『ハルウララ』
第三回 『長嶋監督、倒れる』各メディアが取り上げた
第二回 『蛇(へび)』が、ブーム??
第一回 「大晦日のTV」・「NANA」について