長瀬川もきれいになったもんだ

今日は天気も良くて、打ち合わせの後に寄り道をしてきました。

生まれ育った時から見ている長瀬川

小学生の頃は「ドブ川」で 長瀬川=汚い という認識でした。

それが今ではきれいな散歩道。水も澄んでて子供の頃とは別の川になったようです。

2013-05-14-12.46.30

 

ネット上を見たら長瀬川の写真がいっぱいあったので、ちょっと変な角度から写真を撮ってみました。

撮影する直前までは、大きな鯉と鳩が一緒にいたのでチャンス!と思ったんですが、

鳩に驚いて鯉が跳ねてしまって><

写真の中央より少し左下の壁がぬれている所はその跳ねた跡です。

 

ちょっと調べてみると古代(いつ?)の頃から存在した川だそうです。

中世の頃は大阪と奈良を最短距離で結ぶ水路として大活躍だったと!

やるな~長瀬川! ま、当時は長瀬川ではなく大和川だったそうですが^^;

 

高度成長期には農業用水路から工業用水路へと移り変わっていってかなり汚染されていったんだとか。

僕が子供の頃見ていたのはこの時期だったのかもしれませんね

 

きれいな川になって、魚や鳥・カメなどが気持ちよく生活しているのを見ると見ていて和みますね

暖かくなってきたので、たくさんの方が散歩に来られていました。

 

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA