06BULLS vs 姫路GW-20160405 花園-

 

06BULLS vs 姫路GW-20160405 花園-
東大阪が本拠地、プロ野球独立リーグ「B.F.L.」参入の06BULLS。

 

2016シーズン、本拠地花園での初戦を迎えたゼロロクブルズ

2日に行われたリーグ開幕戦は緊迫した投手戦でスコアレスドロー。

 

本拠地花園では持ち味のいてまえ打線を発揮して、ホーム初戦を派手にブチ上げてもらいたいところです。

 

そんな期待の中、2年目の柄須賀が期待に応えてくれます。

初回、四球で出たランナーを貯めて迎えた2死満塁のチャンスでセンターの頭上を超える3点タイムリースリーベース。

続く西原の二ゴロの送球がもたつきさらに1点と、初回に4点の大量リード。

これは大爆発の予感。

 

しかし2回以降は福本豊流にいうと、たこ焼きが最後まで並び追加点無く、逆転され敗戦。

エラー、ミスで与えなくてもいい点を相手に献上しました。

 

毎年シーズン序盤は調子が上向かないブルズですが、そんな習慣は受け継ぐ必要ありません。

兆しは十分見えてますので、次にチャレンジです!。

 

スコア

■2016年4月5日(火) 12:03 花園セントラルスタジアム

06BULLS vs 姫路Go To World 1回戦(06Bu 0勝1敗0分)

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
姫路Go To World 0 0 2 0 1 0 2 0 1 6
06BULLS 4 0 0 0 0 0 0 0 0 4

■投手

勝:中野(姫路GW) 1試合 1勝 0敗 0S

S:

負:那須(06Bu) 1試合 0勝 1敗 0S

姫路GW:中野-古賀

06Bu:那須、西尾-田井

■本塁打

姫路GW:

06Bu:


 

試合内容

この日のスタメン
この日のスタメン

 

06BULLS vs 姫路GW-20160405 花園-
今年も掲載、スマイルフォト^^

 

柄須賀が先制の3点タイムリー

 

この日の先発は新入団の那須。

先発の那須は7回を5失点、自責点は2点
先発の那須は7回を5失点、自責点は2点

 

エラーなどが重なり失点はありましたが、7回を5安打3四死球と次に期待ができる内容だったのではないでしょうか。

シーズンを戦う中で成長してく姿が楽しみです。

 

打線は初回の得点シーンを除けば、2回の田井、5回の軽本の左中間への2塁打、8回の柄須賀の3本。

まだまだ打線に火がついていないようですが、練習での姿勢をみているとまもなく点火してくれることでしょう。

クリーンナップの3人に火がつきだしたら。。。皆さんが歓喜する試合が見れるのではないでしょうか。

期待しましょう!

 

試合経過

1回裏 田井遊ゴロ、野副四球、軽本遊飛、野副2盗、神崎四球、横山四球で2死満塁。柄須賀がセンターオーバーの3点タイムリ3塁打。大岩死球、市原三振。
2回裏 田井がレフト前ヒットで出塁→牽制球が逸れて2塁へ。野副が遊飛の後、軽本の二ゴロで田井が3塁へ。神崎が1塁ファールフライでチェンジ。
3回表 四球と1ゴロエラーで無死1・2塁。センターフライでタッチアップ→1塁ランナーを1・2塁間で挟むも暴投で1失点。1死3塁からボークで3塁へ。三振、二ゴロ軽本の好守でチェンジ。
5回表 遊ゴロを大岩がトンネル。1死後、レフトオーバーのタイムリー2塁打で1失点。三ゴロ、三振。
5回裏 野副三振の後、軽本が左中間真っ二つの2塁打を放つも、後が続かず追加点ならず。
7回表 無死で内野安打のランナーを送りバントで2塁へ。レフト前へタイムリーを打たれ1失点。四球とレフト前ヒットで1死満塁。センター前にタイムリーを打たれさらに1失点。
8回表 センター前ヒット→2盗。三振、レフト前ヒットで1・3塁。セカンドライナーゲッツー。
8回裏 神崎三振、横山二ゴロ。柄須賀がセンター前へヒット。西原レフトフライ。
9回表 レフト前ヒット→2盗、暴投で3塁へ。四球→2盗。二ゴロはホームでランナーアウト。レフトへの犠牲フライで追加点を許す。2死1塁から2盗、暴投で3塁へ。レフトフライ。
9回裏 大岩遊ゴロ。松尾が四球で出て暴投で2塁へ。田井の二ゴロで3塁へ。代打大坂がレフトフライで試合終了。

 

在籍4年目、勝負の年 軽本
在籍4年目、勝負の年 軽本

 

5回裏終わりに新入団選手の野副・市原・七野を紹介
5回裏終わりに新入団選手の野副・市原・七野を紹介

 

8回からは西尾 被安打3、失点1
8回からは西尾 被安打3、失点1

 

ピンチにマウンドへ声をかける軽本キャプテン
ピンチにマウンドへ声をかける軽本キャプテン

 

両打ちの西原 1安打
両打ちの西原 1安打

 

1安打の田井。まだまだこんなもんではないはず!
1安打の田井。まだまだこんなもんではないはず!

 

代打で出場の大坂。チームの幅を広げてくれます
代打で出場の大坂。チームの幅を広げてくれます

 

村上監督、石毛コーチ。独立リーグ随一の首脳陣。
村上監督、石毛コーチ。独立リーグ随一の首脳陣。

 

将来、プロ野球選手を夢見る中学生が練習に参加

 

この日は試合とは別に「ぱど大阪東版」の企画として、花園中学校の新2年生の虎次郎くんが練習に参加。

将来プロ野球選手になる夢をお持ちで、ゼロロクブルズがその夢を1日ではありますが叶えるお手伝いをしました。

試合前には始球式も行い、さらに野球への想いが強くなったのではないでしょうか。

未来のブルズ選手になるかもしれませんね。

 

 

取材を終えて

打線にまだ火がつきません。

シーズン序盤、いつもの事と言えばいつもの事ですが受け入れられません。

 

半年後にはもうドラフト会議が行われます。

半年間、全力で駆け抜け夢を手に取るつもりでエンジンかけてほしいです。

 

今年は所属選手数が少なく、チーム事情としては厳しいかもしれませんが選手個々にとってはチャンスです。

チームの事も大事ですがそれ以上に「自分」。

例年より多く回ってくるチャンスを確実に活かしましょう。

 

球団代表も新しく就任され、今までよりも活力が出ている中で選手達はそれ以上に元気を出していきましょう。

明日10日は日曜日の花園開催。

多くの来賓やファンの方が来られると聞いております。

 

ここで東大阪にゼロロクブルズあり!と魅せつけてやりましょう。

 

明日が楽しみです。

 

 

ご覧みなさまもぜひ明日は花園セントラルスタジアムへゼロロクブルズの応援に行きましょう!

 

2016年4月10日(日)試合開始12時(開場11時、セレモニー11時30分)

会場:花園セントラルスタジアム(東大阪花園ラグビー場横)

入場料:大人1000円、小中学生500円、幼児無料、65歳以上500円(要証明)

 

東大阪バーチャルシティも全力取材です!

 

皆さん、明日は花園でお会いしましょう~

 

 

写真・文 東大阪バーチャルシティ 安原武男

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*