06BULLS 2016開幕戦は素晴らしい投手戦!

06BULLS 2016開幕戦は素晴らしい投手戦!

 

 

待ちに待ったゼロロクブルズの開幕戦が2日の土曜日に兵庫県三田市で行われました。

開幕相手は昨年の優勝チーム「兵庫ブルーサンダーズ」。

 

06BULLSが新ユニホームで開幕戦を迎えました
新ユニホームで開幕戦を迎えました

 

試合前には開幕戦という事もあり、地元中学生のブラスバンド部やリーグ代表の挨拶など賑やかな始まりでした。

 

BFL開幕戦 地元中学生のブラスバンド部
地元中学生のブラスバンド部による演奏

 

仲木リーグ代表よりご挨拶
仲木リーグ代表よりご挨拶
3つのリーグ理念を追求することを来場のお客様に

 

試合前には村上監督が全選手と握手で気持ちを確認。
試合前には村上監督が全選手と握手で気持ちを確認。

 

スコア

■2016年4月2日(土) 11:59 アメニスキッピースタジアム

兵庫ブルーサンダーズ vs 06BULLS 1回戦

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
06BULLS 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
兵庫ブルーサンダーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

■投手

勝:

S:

負:

06Bu: 大坂-田井

兵庫BS:山川、服部-小野

■本塁打

06Bu:

兵庫BS:


 

試合内容

 

この日のスタメン 20160402
この日のスタメン

 

開幕投手、大坂が兵庫打線を0封

この日は両チームとも先発投手が相手打線を見事に封じ込める展開。

特に兵庫の山川投手に対してブルズ打線は先頭から7者連続三振で全く手がでず。

その後も松尾が内野ゴロでようやく前に飛ばすが5回を終わって、三振が9と内野ゴロが5、外野フライが1つ。

6回にようやく大岩と田井にヒットが出るも得点には結びつかず、9回を終えました。

 

2016開幕投手は大坂、見事な0封ピッチング
2016開幕投手は大坂、見事な0封ピッチング

 

一方、ブルズの先発は大坂。

2回に内野ゴロの送球がそれてランナーを出すも、6回を終えるまでランナーはその一人だけ。

7回以降、ランナーを出すも野手の好プレーなどで9回を一人で投げ切り0封。

 

球団創立以来、初めて開幕戦で負けなかった2016年。

これまで以上の気持ちのいい緊張感の中で開幕を終えました。

 

試合経過

1回表 田井・西原・軽本 連続三振
2回表 神崎・横山・柄須賀 連続三振
2回裏 2死後、三ゴロが送球逸れてランナーセーフ。二ゴロを3塁でアウトに。
3回表 大岩三振。松尾が遊ゴロでようやく連続三振が途切れる。
6回表 大岩がヒットで出塁。2死後、田井のレフト前ヒットを放つも西原三振。
7回表 1死後、神崎がレフト前ヒット。横山・柄須賀が倒れてチェンジ。
7回裏 センター前ヒット。二ゴロゲッツーが崩れて1死1塁。2盗を田井が刺して2死。三振。
8回表 大岩が内野安打で出塁し、松尾が送りバントを試みるが3塁に上げてしまい送れず。投ゴロで2塁へ進むも田井が二ゴロで得点ならず。
8回裏 ライト前ヒットのランナーを送りバントで送って1死2塁。二ゴロで3塁に進まれるも内野ゴロで無失点。
9回裏 1死後、西原が三塁ファールフライをダイビングキャッチ。内野安打とライトへの二塁打で2死2・3塁のピンチも三振で切り抜け引き分けでゲームセット。

 

新キャプテン軽本、この日は守備で魅せました。本領はバッティングで!
新キャプテン軽本、この日は守備で魅せました。本領はバッティングで!

 

この日2安打の大岩。2年目のシーズンを迎え表情が変わりました!楽しみです。
この日2安打の大岩。
2年目のシーズンを迎え表情が変わりました!楽しみです。

 

新入団の市原。「走・攻・守」すべてに自信あり!
新入団の市原。「走・攻・守」すべてに自信あり!

 

新入団の野副。持ち味は執念!挑戦し続ける姿をご覧ください
新入団の野副。持ち味は執念!
挑戦し続ける姿をご覧ください

 

新入団の西原。気持ち一杯の選手です。この日も気持ちのこもったプレーでチームを救いました
新入団の西原。気持ち一杯の選手です。
この日も気持ちのこもったプレーでチームを救いました

 

 

取材を終えて

ようやく開幕戦を迎えることができました。

チームはベンチの中だけでなく、フロントも新体制となりまさしく再出発をスタートさせました。

取材を通じて感じたのは、「気持ち」。

選手たちのグラウンドで気持ちのこもった動きや、球団やリーグのスタッフの皆さんの想いの大きさ。

 

これまで以上にリーグを、球団を、そして選手たちを前に進めようという想いが球場全体から感じ取れた気がします。

他のリーグに比べればまだまだ足りない部分はあるかもしれませんが、伸び白という部分に関しては最も期待できる、そんな雰囲気を感じさせてくれました。

 

今年のゼロロクブルズ、ベースボール・ファースト・リーグは要チェックです。

東大阪バーチャルシティは完全密着5年目に突入します!

お楽しみに。

 

 

写真・文:東大阪バーチャルシティ 安原武男

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*