東大阪市立総合病院でノロウイルス院内感染か

東大阪市立総合病院で、今月21~24日にかけて患者22人と職員8人が下痢や嘔吐の症状を訴え、一部患者らからノロウイルスの陽性反応が出たと24日に東大阪市が発表した。

 

幸い重症者はいないようですが、少なくとも患者4人に下痢や嘔吐の症状が続いている。

その他の患者達は快方に向かっているということ。同病院では院内感染とみて、感染経路を調査中。

 

同病院によりますと、症状がでたのは、9階建て病棟の4階と6~9階に入院する患者22人と医師や看護師ら職員8人で、患者12人と職員3人からノロウイルスの陽性反応の検査結果が出たということ。

 

病院内では、消毒や防護用具の着用徹底など、二次感染の防止策を進めている。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*