リーグ最終戦 06ブルズ vs 兵庫BS 20191008 -花園

リーグ最終戦 06ブルズ vs 兵庫BS 20191008 -花園

 

2019レギュラーシーズン最終戦は本拠地花園に兵庫ブルーサンダーズを迎えました。

この時点で兵庫の首位、ブルズの2位が確定していますが12日から始まるチャンピオンシップを控えていますので消化試合ではなく真剣勝負です!

チャンピオンシップは2戦先勝で優勝が確定となりますが、兵庫が1位のアドバンテージで1勝を確保してますので2連勝しかブルズが頂点に立つ道はありません。

発表されている日程では花園開催はありませんが、南港での試合がありますのでぜひともたくさんのご来場をお願いいたします。

 

リーグ最終戦となった兵庫戦をご紹介いたします。

チャンピオンシップへつながる戦いができたのかぜひご覧ください。

 

スコア

■2019年10月8日(火) 12:01 花園セントラルスタジアム

06ブルズ vs 兵庫ブルーサンダーズ 15回戦(06Bu 4勝7敗4分)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
兵庫BS 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3
06ブルズ 3 0 0 0 0 0 2 0 5

■投手

勝:川口(06Bu)18試合 4勝4敗0S

S:白戸(06Bu)26試合 0勝1敗10S

負:藤山(兵庫BS)24試合 8勝6敗0S

 

兵庫BS:岡田、藤山-小野、浅川

06ブルズ:川口、白戸-虎弥太

 

■本塁打

兵庫BS:

06BULLS:

 




 

 試合内容

試合経過

1回裏  洋平が四球、1死後に奥田がレフト前ヒット。孫入が3塁フライに倒れるも上村が四球で出て満塁。ここで出口がセンターへ2点タイムリー。相手のミスでこの回3点先取。
3回裏  2死後、孫入が内野安打→2盗、上村四球、ダブルスチールで2・3塁も出口が3塁ゴロ。
4回表 2死後、死球とレフト直撃の2塁打。遊飛。
6回裏 孫入がセンター前ヒット。上村の二ゴロでゲッツー。出口センター前ヒット→2盗アウト。
7回表 1死後、四球と連続ヒットで1失点。ライトへの犠牲フライで1失点。遊ゴロエラーで同点。
7回裏 永田・美並が連続四球。虎弥太の絶妙送りバントで2・3塁。洋平1ゴロも雄一がセンターへ2点タイムリー。
8回表 四球、三振、三振、四球、センターフライ(奥田のダイビングキャッチ)
9回表 三振、ライト戦ヒット、レフトフライ、ショートゴロ



 

ブルズの未来は川口にあり!先発7回で自責1
ブルズの未来は川口にあり!先発7回で自責1

 

夢に手が届くか!出口が先制の2点タイムリー
夢に手が届くか!出口が先制の2点タイムリー

 

同点後の突き放しタイムリー!兄貴のプライドをグラウンドで!雄一
同点後の突き放しタイムリー!兄貴のプライドをグラウンドで!雄一

 

直球に意地とプライドを!守護神白戸がセーブタイトル獲得
直球に意地とプライドを!守護神白戸がセーブタイトル獲得

 

リーグ最終戦 06ブルズ vs 兵庫BS 20191008 -花園

 

 

取材を終えて

さか週末からは今年の優勝をかけて兵庫とのチャンピオンシップが始まります。

花園での開催がないのが残念ですが、南港でぜひともご声援お願いします。

そして17日にはプロ野球ドラフト会議が行われます。

狭き門ではありますが、可能性がないわけではありません。

ブルズの最大も目標、夢をつかみ取る年に一度の日です。

 

東大阪が、花園が夢を掴む場所になりますように!

 

写真・文:東大阪バーチャルシティ 安原武男

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA