東大阪市が新型コロナウイルス感染症対策事業室を設置

東大阪市が新型コロナウイルス感染症対策事業室を設置

東大阪市より報道提供が届きましたのでお知らせいたします。

東大阪市は新型コロナウィルス感染症への対策を市でも新たに実施していくために市長の直轄組織として「新型コロナウイルス感染症対策事業室」を設置しました。

具体的な施策などはこれから順次発表されていくのではないかと思いますが、支援策・給付金事業などに特化した組織の設置は市民にとってはありがたい動きだと思います。

今後の施策など含めまたお伝えしていきます。

 

 

以下、報道提供原文

 

新型コロナウイルス感染症対策事業室を設置

【新型コロナウイルス感染症対策事業室の設置 について 】

市では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止措置等の影響を受ける市民生活
や経済活動の支援施策として 、特別定額給付金事業のほか、市 で 新たに実施してい
く 事業 に対応するた め、 市長の直轄組織として 新型コロナウイルス感染症対策事業
室を設置しました。

 

原文ここまで

 

東大阪バーチャルシティ 安原武男

 



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*