2013年8月の東大阪 NEWS

30日:女優の岡本玲、野田東大阪市長を表敬訪問

女優の岡本玲が、大阪・東大阪市の野田義和市長を表敬訪問した。

NHK大阪放送局制作の地域ドラマ『花園オールドボーイ』(2014年1月10日放送 後8:00~8:43、総合※関西地域のみ)でヒロインを演じる岡本は、おそろいのラガーシャツを着た野田市長をはじめ関係者の出迎えにびっくり。
岡本にも同じラガーシャツがプレゼントされ、「とてもみなさんがラグビーを愛されているんだなというのが伝わってきました」と笑顔をみせた。

東大阪市といえば、高校ラガーマンたちの聖地、花園ラグビー場が有名。
昨年、高校ラグビーの全国大会の会場が、花園ラグビー場になって50年の節目を迎えた。
同ドラマは、かつて花園で活躍した主人公が、ガンで闘病中の同級生のためにラグビーイベントを企画する物語。

野田市長は「ラグビー場の存在というのが市の市民の誇りなんですが、実際にラグビーをした、あるいは観戦をしに行ったことがある人はまだ多くない現実があるんです。ラグビーっていいね、東大阪というのはすごい町だね、ということを発信していただけたらと期待しております」と握手にも力が入る。

ラグビーについては「全くの初心者」という岡本は「今回の役柄もはじめはラグビーに興味がなく、東大阪市の人たちと接することによって、どんどんラグビーに魅了されていくというか、愛するようになっていく役なので、役と共にラグビーの素敵な部分を教わって、もっと深く知っていきたい」と話していた。

29日:ガードレールに車衝突,4人死傷

28日未明、東大阪市で男女4人が乗った軽乗用車がガードレールに激突し、女子中学生が死亡しました。

スピードの出しすぎが原因とみられていて、警察は運転していた男を逮捕しました。
午前0時半過ぎ、東大阪市善根寺町で、若い男女4人が乗った軽乗用車がガードレールに激突しました。
助手席にいた奈良県内に住む14歳の女子中学生が全身を強く打って死亡し、ほかの3人も軽いけがをしました。

警察は運転していた奈良県斑鳩町の会社員(26)を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕しました。
容疑者は女子中学生3人を乗せて運転していて、「スピードを出しすぎて、カーブを曲がり切れなかった」と話しているということです。

20日:森河内東の青果卸会社で火災,冷蔵庫に避難後救出

20日午前10時ごろ、大阪府東大阪市森河内東2丁目の青果卸会社「ミナト」の鉄骨2階建て作業場から出火、約40平方メートルが焼けた。
40~70代の従業員8人が病院に搬送され、のどの痛みを訴えているという。うち3人は建物内の大型冷蔵庫内に逃げ込み救出された。東大阪市消防局と布施署によると、作業場1階にある大型冷蔵庫付近から出火したとみられ、8人は2階にいた。
うち5人は自力で外に避難し、3人は2階の大型冷蔵庫内に逃げ込み、携帯電話で「冷蔵庫内にも煙が充満してきている」と救出を求めたという。

現場は、JR放出駅の南東約700メートルの住宅街。火災を目撃した清掃会社の男性(48)は「黒煙が立ちこめ、中から人が逃げ出してきた」と話した。

18日:布施高校でテント飛ばされ高校生ら6人けが

18日午前11時10分ごろ、東大阪市下小阪3、府立布施高校グラウンドで、突風でテント(幅5.3m、奥行き3.5m、高さ3.2m)が飛ばされ、練習をしていた陸上部の1、2年生男女5人とOBの男子専門学校生(19)の計6人がテントのパイプで頭などを打ち、軽傷を負った。

大阪府警布施署と東大阪市消防局によると、部員らは午前9時ごろから練習を始め、テント周辺で休憩していたところ、突然強風が吹いた。テントは5~6m舞い上がり、約10メートル離れたフェンスにぶつかって落下した。

男子部員の一人は「砂ぼこりで目も開けられない状態だった」と振り返った。怖くて泣き出す女子部員もいたといい、別の部員は「つむじ風が起きることはこれまでもあったが、こんな強風は初めて」と話した。

同校によると、テントは熱中症対策の日よけ用で、地面に固定していなかった。中山博校長は「認識が甘かったと反省している」と話した。

現場は近鉄奈良線八戸ノ里(やえのさと)駅の南約200mの市街地。

16日:遊技機に他店メダル,窃盗容疑で枚岡西小学校教諭逮捕

パチンコ店の遊技機に他店のメダルを投入して返却操作し、店のメダルにすり替えたとして、大阪府警八尾署は14日、窃盗容疑で同府東大阪市立枚岡西小学校教諭(46)=同市出雲井町=を現行犯逮捕した。

同署によると、容疑者はメダルを入れた後に遊ぶことなくすぐ返却ボタンを押す行為を、遊技機を変えながら繰り返していたという。
逮捕容疑は14日夕、同府八尾市北本町の「123ファースト八尾店」で、系列他店のメダルをスロット台に入れて返却ボタンを押し、店のメダル約50枚を盗んだ疑い。

16日:東大阪市が商店街活性化モニターを募集

Facebookページ開設などSNSへの取り組みに熱心になってきている東大阪市がSNSを活用した「商店街活性化モニター調査事業」のモニター調査員を募集しています。
下記の3商店街で実施だという事です。

  1. イナリ前商店街振興組合(近鉄奈良線 瓢箪山駅南側)
  2. 岩田本通商店街振興組合(近鉄奈良線 若江岩田駅南側)
  3. 徳庵商連会(JR片町線 徳庵駅西側)

詳しくは市役所ホームページをご覧ください

http://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000011241.html

16日:熱中症か、大阪・東大阪市で80代夫婦が死亡

15日午前、大阪府東大阪市の住宅で高齢の夫婦が倒れているのが見つかり、2人とも死亡しました。熱中症の疑いがあるということです。

午前10時20分頃、東大阪市稲田本町の事務所兼住宅で、この家に住む高齢の夫婦が倒れているのを息子が見つけ、119番通報しました。
警察や消防によりますと、2人は1階の事務所で倒れていて、妻(82)は発見された時点ですでに死亡、夫(85)は意識不明の状態で病院に搬送されましたが、その後、死亡しました。

15日の大阪府は最高気温が35度以上となる猛暑日が予想されていて、警察官が駆けつけた際、室内の温度は32度だったということです。
「扇風機しかまわしていない状態で、クーラーを使っていなかった」(近所の住人)
警察は2人が熱中症にかかった疑いがあるとみて調べています。

9日:バイクでひったくり、無職の男逮捕 東大阪

東大阪市でミニバイクを使って自転車の女性の前かごから現金約3万円が入ったショルダーバッグを奪ったとして住所不定、無職の男性が逮捕された。
周辺では同様のひったくり被害が相次いでいて関連を調べている。同市周辺では6月以降若い男による黒いミニバイクを使った同様の手口の犯行が約20件発生、警戒を強めていた。
容疑者は容疑を認めていて、他の事件にも関与している可能性があるとみて慎重に調べを進めている。

7日:学校の耐震化 大阪はどこまで?

全国の小中学校の施設でどの程度、耐震化が進んでいるのかを示す「耐震化率」。7日、文部科学省が発表しました。

それによりますと、耐震化率は全国で88.9パーセント、前年度からは4.1パーセント上がっていて、国は2015年度までに100パーセントにする方針を掲げています。
その一方で、50パーセントを下回っている自治体が30か所あり、うち5か所は大阪府内の市と町です。
守口市は39.6パーセント、東大阪市は45.0パーセントと低い値になっています。

耐震化率45パーセントで、府内ワースト3の東大阪市。
市立長瀬西小学校では、児童のいない夏休みを利用して耐震化工事が行われています。
「今回取り付けるのは、いま鉄筋がむき出しのところ。これが増設するところ」(東大阪市建設局 統括主幹)
壁に筋交いを設置したり、壁の厚みを増すなどの工事を行っています。
「耐震化特別チームを立ち上げて、平成27年度末までの完成を目標に努力している」(東大阪市建設局 統括主幹)
東大阪市では、およそ240億円をかけて、再来年度で国の目標とする100パーセントを達成する考え。

2年前に耐震化率が全国ワーストだった守口市。
39.6パーセントと依然、低空飛行ですが、急ピッチで工事を進めていて、来年には90パーセントを超える見込みです。

一方、守口市のお隣、門真市。
3年前の41.6パーセントから一気に100パーセントを達成しました。
「築40年近く経っている、こちらの中学校の校舎では耐震化工事は、すでに終わっています」(記者リポート)
財政事情が厳しい中、門真市が取った策は費用を抑えるために、耐震化工事のみを行うことでした。
「大きな改修工事と耐震工事を一緒にしてしまうと費用がかさむので、耐震工事だけを1本で多くの学校でできるようにした結果、早い段階で100パーセントになることができました」(門真市教委)

大阪では、ほかに枚方、交野、大阪狭山市、熊取町で、新たに耐震化率100パーセントを達成しています。
ようやく、耐震化が進み出した大阪。
巨大地震から児童らの安全を守るためにも、対策をより急ぐ必要があります。

7日:関西テレビ誤報で和解,土地売買めぐる報道で

関西テレビ(大阪市)の虚偽報道で名誉を傷つけられたとして、大阪府東大阪市の消防団長の男性が同社に1000万円の損害賠償と謝罪放送を求めた訴訟が大阪地裁で和解したことが7日、分かった。

和解は先月16日付で、同社が謝罪し、300万円を支払う内容という。

訴状などによると、東大阪市は2011年、男性が役員を務める建設会社から同市の消防署出張所の土地500平方メートルを4650万円で購入し、移転補償費として同社に約940万円を支払った。
関西テレビは昨年5月放送の報道番組「スーパーニュースアンカー」で、「消防団団長に不自然な“補償”? 」「移転補償費は通常の10倍もの金額で、違法な利益を得た」などと報じた。

男性側は「移転補償費は専門家が鑑定して決定した適正な金額」と主張。同社は和解後の先月18日の同番組で「事実と異なる部分があった」と謝罪した。
関西テレビの話「円満に解決したと認識している。」

5日:東大阪市など ひったくり4件連続 同一犯か

東大阪市などで4日夜から5日未明にかけて4件のひったくり事件が発生しました。警察は同一犯の可能性があるとみています。

4日午後11時40分ごろ、東大阪市鴻池元町の路上で、女性(21)が自転車に乗っていたところ、背後からやってきた原付に乗った男に、前かごに入れていた現金およそ7000円などが入ったカバンをひったくられました。

およそ40分後、東大阪市若江本町でも、自転車に乗っていた女性(25)が同様の手口で、現金およそ3万3000円が入ったカバンをひったくられました。

この2件の犯行前後にも大東市三箇と八尾市幸町で、原付を使って自転車に乗った女性を狙うひったくりが発生しています。

警察は4件の事件が半径5キロの間で起きていて、手口も似ていることから、同一犯の可能性があるとみて捜査を進めています。

5日:近大野球部が秋季リーグ戦出場辞退

近大が大阪市内で会見を行い、硬式野球部が秋季リーグ戦を辞退することを発表し、また1日から3カ月の活動停止処分を決めた。

5月8日に同部に所属する学生(経営学部1年)が大阪・東大阪市内の路上で、65歳の女性から4万2000円の現金が入った手提げをひったくったもの。
同学生は7月25日に窃盗容疑で奈良県警に逮捕された。この事件を受け、大学の懲罰委員会は無期停学の処分を決定。
さらに硬式野球部の榎本保監督(58)と浦崎直浩部長(52)から辞任の申し出があったことも明らかにし、近く受理する。

1日:東大阪市が米グレンデール市に抗議,姉妹都市解消も

米カリフォルニア州グレンデール市が慰安婦を象徴する少女像を設置した問題で、グレンデール市のホームページに姉妹都市の大阪府東大阪市が設置に賛同したかのような虚偽の記述があるとして、東大阪市がグレンデール市に抗議文を送っていたことが1日、分かった。

東大阪市の野田義和市長は「一方的な行為で、はなはだ遺憾」とし、グレンデール市が適切な対応を取らない場合は姉妹都市提携の解消も視野に検討する考えを示した。

像は現地の韓国系団体が主導し、7月30日に設置。費用約3万ドル(約295万円)は韓国系団体が負担した。
しかしグレンデール市のHPには像設置の背景として、姉妹都市が碑や記念物の設置に興味を寄せていると表明した・維持費は姉妹都市により賄われることを保証する-などと記述されていた。

東大阪市の職員が7月中旬にHPの記述を見つけ、野田市長名の抗議文を25日付でグレンデール市長宛てに郵送した。
抗議文には「このような意見表明をした事実はない」と修正を求めるとともに「像設置は市民の心証をいたく害しており、誠に遺憾」としている。

像設置をめぐり、東大阪市には同月31日までの約1カ月間で124件の抗議が電話などで寄せられた。
東大阪市は旧枚岡市時代の昭和35年にグレンデール市と姉妹都市提携を締結した。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*