06ブルズ 2021ホーム開幕戦 虎弥太1号も惜敗

06ブルズ 2021ホーム開幕戦 虎弥太1号も惜敗

 

新しく生まれ変わった06ブルズが花園に登場

桜井監督と谷口GM、運営体制も新たになった06ブルズが本拠地花園での初戦を迎えました。

選手たちにとっては練習環境や生活環境も整備され、いい意味で言い訳の出来ない状態になりました。

自分たちの夢を手にするための準備は整えられました。

後は結果を出すだけ。始まったばかりですが、夢の扉まであと6か月しかありません。

初戦、花園での姿はファンのみなさんにどう映ったのでしょうか

 

花園は雲一つない晴天

 

開幕セレモニー

桜井広大 06ブルズ監督

仲木威雄 関西独立リーグ代表理事

野田義和 東大阪市長

ご来賓のみなさま

 

国歌斉唱


強 -tsuyoshi- さん による国歌斉唱

 

スコア

4月11日(日) 12:03 花園セントラルスタジアム

06ブルズ vs 堺シュライクス 1回戦(06Bu 0勝1敗0分)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
堺sh 0 0 0 2 0 0 1 0 1 4
06ブルズ 0 0 0 0 1 2 0 0 0 3

 

■投手
勝:西澤(堺sh)1試合 1勝0敗0S
S:
負:中村(06Bu)1試合 0勝1敗0S

堺sh:西澤-山田
06Bu:中村-虎弥太

 

■本塁打
堺sh:早河1号
06Bu:虎弥太1号





 

 試合内容

この日のスタメン

06ブルズ 2021ホーム開幕戦 虎弥太1号も惜敗

06ブルズ 2021ホーム開幕戦 虎弥太1号も惜敗

野田市長 始球式

 

試合経過

1回表 センター前ヒット→2盗、三振、セカンドライナー飛び出しゲッツー
1回裏 1死後、田中がライト前ヒット、佐藤がレフト前ヒット、高山四球、千原セカンドゴロゲッツー。
2回表 ライト前ヒット、センターフライ、四球、犠牲フライで1・3塁。三振。
4回表 センター前ヒット、四球、レフト前ヒットで無死満塁。ファーストフライで1死。ファーストフライ落球で先制される。セカンドフライインフィールドアウト宣告も落球し2失点目。四球、ライトフライ。
5回表 サードファールフライ、セカンドフライエラー、セカンドゴロゲッツーのチャンスも一塁へ悪送球。ショートフライ。
5回裏 虎弥太が待望のホームラン。
6回裏 澤がショートエラーで出塁。田中三振、佐藤のショートゴロはゲッツーが崩れて2死1塁。2盗、高山四球、千原がセンター前タイムリー。なおも1・3塁で堅木がセカンド内野安打で逆転。
7回表 ホームランで同点にされる。ライトフライ、三振、レフト前ヒット、四球、サードゴロエラー、センターフライ
9回表 四球→2盗、送りバントオールセーフ。ライト犠牲フライで失点。センター前ヒット、三振、センターフライ
9回裏 千原ショートゴロ、堅木三振、吉田レフトフライ



 

#19 中村雅友

 

#24 千原和希

 

#27 堅木康生

 

桜井監督の1ミニッツ!

 

取材を終えて

06ブルズの10年目のシーズンがスタートしました。

東大阪で産声を上げて10年が経ちました。みなさんそれぞれに06ブルズの10年の思い出があると思います。

東大阪バーチャルシティも06ブルズに密着して10年です、当たり前ですが(笑)

 

そんな記念の年のホーム開幕戦、なんとしても勝ってほしかったです。

先制されるも逆転し、あとはサヨナラで・・・ドラマの筋書きはできていたはずなんですが、そんな簡単にはいきませんでした。

最終回に失点し終わってみれば今シーズン3連敗。

始まったばかりとはいえ、ええもんではないですよね><

 

ええとこもありました!

二年目の中村は味方のエラーが重なり失点はしましたが、9回完投で次に期待がもてるピッチング。

新人選手の3人が先発しチーム内の競争も楽しみです。

そして虎弥太がぶっ放してくれましたよ。
昨年まで控えが続いてましたが、今年は先発マスクの座を強く抱きしめてほしいです。
上が抜けたから順番が回ってきたのではなく、自らの手でつかみ取ったと言ってもらえる活躍を見せてほしいです。

この試合の1発はそれに値する輝きだったと思います。

 

負けはしましたが、今シーズン楽しみなチームに仕上がってきていると思います。

 

 

東大阪が、花園が夢を掴む場所になりますように!

 

写真・文:東大阪バーチャルシティ 安原武男

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*