06ブルズ vs 和歌山FB 20190423 -花園

06ブルズ vs 和歌山FB 20190423 -花園

 

ここまで開幕3連勝を含む3勝1敗で好調なスタートを切っている06ブルズ。

このまま得意の夏まで好調をキープして4年振りの優勝へ向けて爆進してほしい所です。

 

この日の先発は、#20 川咲寛司。

本人はベンチで「7回か8回までは投げたいな」と言っていたのですが、9回を一人で投げ切りました。

し・か・も!3安打完封でリーグトップの3勝目を挙げました。

 

スコア

■2019年4月23日(火) 12:00 花園セントラルスタジアム

06ブルズ vs 和歌山ファイティングバーズ 4回戦(06Bu 3勝1敗0分)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
和歌山FB 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
06ブルズ 0 0 0 0 2 1 0 0 x 3

■投手

勝:川咲(06Bu)3試合 3勝0敗0S

S:

負:楠本(和歌山FB)3試合 1勝1敗0S

 

和歌山FB:楠本-西河

06ブルズ:川咲-山北

 

■本塁打

和歌山FB:

06BULLS:

 




 

 試合内容

試合経過

2回表  二ゴロ、ライト前ヒット、二ゴロゲッツー
2回裏  1死後、出口がレフト線2塁打、山北三振、野元一ゴロ
3回裏  永田センター前ヒット、中西二ゴロゲッツー、洋平ニゴロ
5回裏 出口がレフト前ヒット、山北がセンター前ヒットで1・3塁。1塁牽制球がそれて出口が先制のホームイン。野元遊ゴロの後、永田のセンターへの犠牲フライで2点目。中西センター前ヒット、洋平遊ゴロ
6回裏 奥田が死球で出塁。上村が右中間へ2塁打。孫入遊ゴロ。出口がライトへ犠牲フライを放ち3点目。山北三振。
9回表 三振、センターフライ、投ゴロ。川咲3安打完封で3戦3勝。



 

2枚目も載せちゃいます!この日は川咲が大活躍!
2枚目も載せちゃいます!この日は川咲が大活躍!

 

J:COM東大阪デイリーニュースの中元アナお気に入りの永田。この日もきっちり1打点
J:COM東大阪デイリーニュースの中元アナお気に入りの永田。この日もきっちり1打点

 

マッスル出口も1打点。見ているだけで気持ちいい豪快なスイングは必見
マッスル出口も1打点。見ているだけで気持ちいい豪快なスイングは必見

 

開幕から好調のチーム、このペースなら年間40勝越えのペース!?
開幕から好調のチーム、このペースなら年間40勝越えのペース!?

 

3安打完封とノーエラーのスコアボード
3安打完封とノーエラーのスコアボード

 

ヒーロー4人と場内アナウンサーさんたち
ヒーロー4人と場内アナウンサーさんたち

 

新人紹介:スタメン出場の #1 奥田一弘。兵庫県出身23歳です。セールスポイントは「走攻守」
新人紹介:スタメン出場の #1 奥田一弘。兵庫県出身23歳です。セールスポイントは「走攻守」

 

新人紹介:東大阪バーチャルシティ一押しの #2 洋平。雄一の実の弟です。大阪府出身の18歳、高卒ルーキーです
新人紹介:東大阪バーチャルシティ一押しの #2 洋平。雄一の実の弟です。大阪府出身の18歳、高卒ルーキーです

 

 

取材を終えて

 

つ・よ・い!

 

今年のブルズは開幕から強いです!

今日のような我慢の試合できっちり勝利できる、強いです。

川咲の素晴らしさはいうまでもない試合でしたが、相手のミスを逃さず、そしてきっちり犠牲フライで点が取れるチームに強さを感じました。

いつもいつも大量得点とはいかない中で、このような勝ち方ができるのは1年間を通じてみた時に本当に心強いです。

このまま選手達の気持ちも上がって、夏にさらに爆発してくれれば実りの秋がやってくるでしょう。

8年間耕し続けた土地から大きな収穫ができることを今から楽しみにしましょう。

 

ぜひとも花園セントラルスタジアムで夢を掴もうとする若者たちを応援してください。

次回は平日、4月25日(木)正午プレイボールです。

 

東大阪が、花園が夢を掴む場所になりますように!

 

写真・文:東大阪バーチャルシティ 安原武男

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA