東大阪バーチャルシティ 東大阪周辺地域密着情報ページです。東大阪周辺情報ならナレッジにお任せ。東大阪の住民・企業同士の交流の場となれば

HOME

東大阪のお店・会社

東大阪生活情報

その他

2003年2月の東大阪 NEWS →最新のNEWS

2月25日 府警が規制ない道路で取り締まり、反則切符
府警は25日、大阪府公安委員会の規制を受けていない道路で誤って交通反則切符を渡していたと発表。既に反則金を納めた 人もいるため、府警は「反則金の還付など、早期に是正措置を取りたい」としている。府警交通指導課によると、昨年12月15日から 今月13日の間、同公安委が規制をしていない東大阪市神田町の近鉄瓢箪山駅前の市道で交通指導取り締まりを実施。 ミニバイクなどで通行した51人に対し、交通反則切符を渡した。東大阪市はこの市道を「自転車歩行者専用道路」と指定していた
2月25日 USJが格安の特別入場券発売へ
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの運営会社「ユー・エス・ジェイ」は24日、オープン2周年を記念して期間限定の 特別入場券「ハリウッド・フレンド・パス」を3月15日〜5月5日に発売すると発表。今年12月15日まで何度でも入場でき、 大人6900円、子供4900円の格安価格、通常の1日券の値段は大人5500円。この他約150億円を投入して、来年度中に3つの 新しいアトラクションを完成させることも発表した
2月19日 OSK劇団が市民歌劇団で存続,近鉄も協力
OSK日本歌劇団の団員で結成したOSK存続の会は18日、近畿日本鉄道からの財政援助が打ち切られる6月以降、広く 市民に1口1万円の寄金を呼びかけ、「市民歌劇団」として存続を図る、と表明。社長は「熱意は重く受け止めています」と、 援助打ち切り後も何らかの形で協力する姿勢を表明ることになる。存続の会では、将来的に多くの市民の協力を得て、 市民歌劇団という形を模索していきたいと話している
2月18日 OSK劇団員が存続を求め署名提出
今年5月に解散することが決まっているOSK・日本歌劇団が、劇団員が今日 親会社の近鉄に存続を求める署名を提出した。 劇団の存続を求める嘆願書と15万人余りの署名を近畿日本鉄道の辻井社長に提出したのは、日本歌劇団員で「OSK存続の会」会長ら4人。 OSK日本歌劇団は1922年に前進の松竹楽劇部として大阪に誕生し、1971年に近鉄グループに移ってからは、奈良の あやめ池遊園地の円形大劇場を拠点に活動してきた。しかし去年6月、厳しい経営状況にある親会社の近鉄が支援の打ち切りを発表し、 今年の5月で解散することになりった。現在、存続に必要な新しいスポンサーは見つかっていない。今後は支援してくれる 企業を探しながら、5月末までの公演を続けることになる。存続の会では、将来的に多くの市民の協力を得て、市民歌劇団と いう形を模索していきたいと話している
2月15日 東大阪市立病院で医療ミス、体内にガーゼ
東大阪市立総合病院で昨年12月と今年1月にあった手術の際、体内にガーゼなどを置き忘れるミスを相次いで起こしていたことが 14日分かった。再び開腹手術をして異物を取り除き、2人の患者に合併症や後遺症などはみられないという。院長は「患者や 家族に謝罪し、ご理解を得たうえで対応した。再発防止に全力を尽くしたい」とコメント。病院側の説明によると、昨年12月9日に 30代の男性執刀医と介助役医師2人の計3人が、50代の女性患者に胃の切除手術をした際、臓器を固定するための円筒形の 医療用スポンジ(直径8cm、高さ13cm)を置き忘れたまま縫合。病院側はミスに気付き、家族の同意を得て、4時間後に再び 開腹手術をした。今年1月27日には、80代の男性患者に対し、40代の男性執刀医ら計3人の医師が同様の手術をした際、 ガーゼ(30cm四方)1枚を残したまま手術を終えた。翌日のエックス線撮影で、ガーゼに気付いたという
2月6日 太田府知事らがカジノ実現、国に要望
太田房江大阪府知事と東京、静岡、和歌山、宮崎の4都県の幹部は6日昼、内閣府で鴻池祥肇構造改革特区担当相と会い、 カジノの実現に向けた法整備を図るよう要請した。小泉純一郎首相にも事務当局を通じて要望書を渡した
2月5日 雇用助成金だましとった税理士ら逮捕
国の雇用対策を悪用し、助成金1100万円あまりを騙し取ったとして、大阪の税理士や暴力団組員ら5人が逮捕された。詐欺の 疑いで逮捕されたのは、東大阪市の税理士(44)と暴力団組員らあわせて5人で、今朝から税理士事務所が警察の捜索を 受けている。調べによると5人は、中小企業が新規事業に進出する際、従業員の賃金が一部助成される制度を悪用して、 実態のないペーパーカンパニーに6人を採用したように装い、あわせて1100万円を騙し取った疑いです。雇用助成金を巡っては 去年11月、暴力団組員4人が同様の手口で700万円を騙しったとして逮捕されています。容疑者はペーパーカンパニーの資産表を ねつ造して助成金の増額を図った疑いがもたれていて、警察で余罪を追及しています
2月4日 連続路上強盗の高校生4人組を逮捕
今日未明、大阪市や東大阪市で少年グループによる路上強盗事件が5件相次ぎ、高校生ら4人が逮捕された。強盗容疑で捕まったのは、 いずれも大阪市平野区に住む17歳の高校生ら4人。調べによると4人は、今日午前0時過ぎ2台のミニバイクに分乗し、 平野区の路上で、自転車で帰宅途中の19歳の専門学校生の前に立ちふさがり、「年いくつや、金出せ」などと脅した。そして、 専門学校生の顔を拳で殴り、財布から現金4000円を抜き取って逃げた疑いが持たれている。その直後、となりの生野区でも、 帰宅途中の31歳の男性が殴られ、現金15000円を奪われるなど、大阪市と東大阪市では、同様の路上強盗が5件相次ぎました。 少年4人は中学時代の同級生で、調べに対し、すべての事件について容疑を認めているということ

今月の NEWS に戻る
2003年1月の NEWS

戻る
東大阪周辺地域の情報が満載! 東大阪バーチャルシティ http://www.h-osaka.com/