川田で遊歩道に針金が張られ男性が転倒しケガ

14日19時過ぎ、東大阪市川田の遊歩道で自転車で帰宅途中だった会社員男性(65)が、歩道を横切るように張られた針金に接触し転倒、顔に軽いケガをしました。

 

その針金は太さ1mm長さは約6.6mで、街灯とフェンスを結び約1.4mの高さに張られていたということです。

 

被害者の男性は、口のあたりに針金があたって軽傷を負いました

警察はもし子供だった場合、首に当たる可能性もあったとして殺人未遂の疑いで捜査を進めています。

現場は東大阪市川田にある遊歩道で近鉄けいはんな線吉田駅の北西約1.3kmの住宅や会社が並ぶ一角だということです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*