花園ラグビー場、来年春にも東大阪へ譲渡

東大阪市が近鉄花園ラグビー場を近畿日本鉄道から来年の春を目途に無償で譲渡されることが決まったようです。

 

無償譲渡はラグビー場の施設のみで、土地に関しては鑑定した後に来年度中に数十億円程度で東大阪市が買い取る模様。

 

2019年のラグビーワールドカップを花園に誘致する活動の中で、交渉を行ってきてようやく決着がつきそうです。

 

ラグビー場施設はスタンドやそのほか建物全般に両休暇がみられ、耐震補強が必要なため早期の改修工事を考えている。

ワールドカップの組織委員会への開催地立候補の申請締め切りは今年10月末で、誘致条件となる設備(大型モニター・照明)なども東大阪が整備をする見通し。

 

またラグビー場周辺も国などの支援を受けて公園として整備を進めるとのこと。

ラグビー場の名称も変更になる可能性があり、現在協議中との事です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*