東大阪市立市民会館が48年目の閉館

河内永和駅前にある東大阪市立市民会館が48年の歴史を終え、6月末をもって閉館しました。

 

6月28日には約800人の市民が参加し閉館イベントがおこなわれました。

約1500人を収容する大ホールや多くの会議室などを備えており、多くの市民に活用されてきました。

 

新しい市民会館は平成31年度完成予定で、八戸ノ里駅北側の旧中央病院跡地に建設される予定です。

 

東大阪の1つの歴史が終わりを迎えましたが、また新しい会館で歴史を重ねて行ってくれると思います。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*