大阪モノレールの東大阪市への延伸が負担金で難航

大阪府の第三セクターが運行する大阪モノレールの東大阪市への延伸計画を巡って、大阪府が東大阪市に軌道整備費の一部負担を求めることを決定しました。

 

モノレールの延伸で大阪府と東大阪市など地元自治体に求められる負担は333億円。

 

しかし両者は協議を始めましたが、「利便性向上につながる地元も応分の負担を」とする大阪府側の意見に対し、「広域行政が担うべきだ」と東大阪市は反発している状態です。

 

大阪府としては今年度中に協議を終え、モノレールの延伸を正式決定する計画としていますが、両者の意見が大きく違っているため難航しそうです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*