2012年9月の東大阪 NEWS

28日:菱江5の路上でガスガンで威嚇,少年ら4人逮捕

原付きバイクを運転していた少年らをガスガンで威嚇し、現金などを奪ったとして、府警捜査1課は26日、大阪市住之江区、会社員(20)ら男4人を強盗傷害の疑いで逮捕した。
容疑者は容疑を否認している。東大阪市内などで同様の事件が数件起きており、府警は関連を調べる。

他は、知人の設備(20)と17歳、19歳の少年2人。
逮捕容疑は16日未明、東大阪市菱江5の路上で、少年ら3人に乗用車で近づいてサンルーフからガスガンを発射。
逃げ遅れた少年を棒で殴り、現金9000円が入った財布などを奪った、としている。

府警によると、少年は頭部などに軽傷を負った。逃げた友人2人のうち1人もガスガンの弾が胸に当たって軽傷。

28日:寺川、蟹江ら近大の地元で凱旋パレード

ロンドン五輪で銅メダルを獲得した競泳の寺川綾(27)ら、五輪に参加した近畿大の在学生や卒業生の5選手が28日、大阪府東大阪市の東大阪キャンパス周辺で凱旋パレードをした。
集まった市民らは拍手と歓声で迎え、選手の健闘をたたえた。

選手は3台のオープンカーに分乗。集まった市民や学生が「おめでとう」と声を掛けると、選手は手を振ってにこやかに応じた。
5選手は寺川のほかに、卒業生のアーチェリー個人銀メダルの古川高晴(28)とアーチェリー女子団体銅メダルの蟹江美貴(23)、在学生でアーチェリー女子団体銅メダルの川中香緒里(21)と競泳の外舘祥(21)。

5選手は最寄りの近鉄長瀬駅前から約1キロをパレードし、キャンパスに到着後は報告会も開催。
寺川は「近大2年で出場したアテネ五輪ではメダルを持って帰れなかった。
8年かかったが、ようやく母校のみなさんにメダルを見せられて良かった」と話した。

26日:堺,東大阪,高槻 3市で10/1からパスポート受取可能に

堺、東大阪、高槻の3市で来月1日からパスポート(旅券)の申請と受け取りができるようになる。

日本国籍があり、それぞれの市に住民登録している人か実際に居住している人が対象。
窓口は、▽堺=市役所本館1階(同市堺区南瓦町)▽東大阪=市役所5階(同市荒本北1)▽高槻=総合市民交流センター1階(同市紺屋町)で、いずれも申請は午前9時?午後4時半。
受け取りは、堺、東大阪が午前9時~午後5時半。高槻は午前9時~午後5時15分。いずれも平日だが、高槻は日曜も受け取ることができる。

26日:「感動大阪大賞」ロンドン五輪メダリスト3人に贈呈

ロンドン五輪の競泳男子で銀2、銅1の計3個のメダルを獲得した入江陵介選手(22)ら大阪ゆかりのメダリスト3人が25日、府庁で松井一郎知事を表敬訪問し、「感動大阪大賞」と「大阪スポーツ大賞」を受賞した。

ほかに訪問したのは、アーチェリー男子個人で銀メダルに輝いた古川高晴選手(28)と、同女子団体で銅メダルの川中香緒里選手(21)。
入江、古川両選手は近畿大(東大阪市)の卒業生で、川中選手は同大学3年生。入江選手は大阪市出身で、この日、市からも特別表彰を受けた。

松井知事は「皆さんの活躍のおかげで、寝不足になった」とユーモアを交えて3選手の活躍をねぎらい、記念品として大阪の伝統工芸品である錫(すず)製のタンブラーをプレゼントした。

「スポーツをやっていてよかったと改めて感じた」と入江選手。古川選手は「賞に恥じない成績を残していきたい」、川中選手は「うれしい。さらに頑張りたい」と話していた。

24日:酒店の女性刺した疑い 強殺未遂容疑で男逮捕

大阪府東大阪市源氏ケ丘の酒店で経営者の女性(54)が刺され、重傷を負った事件で、府警は23日、近くの無職(56)を強盗殺人未遂容疑で逮捕し、発表した。
「生活保護費がなくなり、腹が減っていた。殺してでも強盗すると決めていた」と供述しているという。

捜査1課によると、容疑者は今月15日午後2時ごろ、源氏ケ丘の酒店で、レジカウンター内にいた女性の腹を包丁で1回刺し、「金を出せ」などと脅迫。
菓子パンなど4点(約560円相当)を奪った疑いがある。女性は内臓を損傷し、今も入院中という。

同店で、約2年前からある特定の外国銘柄のたばこを一人の男だけが購入していた。
布施署員が23日午後、犯人に似た容疑者を店近くで発見。この銘柄を持っており、事情を聴いたところ容疑を認めたという。

21日:「自転車マナー守って」瓢箪山でNMBが呼びかけ

21日に始まる「秋の全国交通安全運動」を前に、東大阪市の瓢箪山(ひょうたんやま)商店街で20日、枚岡署など主催の「自転車マナーアップキャンペーン」が行われ、アイドルグループ「NMB48」のメンバー3人が交通マナーの向上を訴えた。

同署は、自転車の危険運転に対する苦情が多く寄せられていることから、自転車のマナーアップをキャンペーンのテーマに選定。
NMB48の石塚朱莉さんらは「自転車に乗るときは周りをしっかりチェックしましょう」などと呼びかけ、買い物客らに啓発チラシやティッシュを配り歩いた。

運動期間は30日まで。府内では各署などで啓発イベントが行われ、1日平均約8500人(うち警察官4900人)がキャンペーンに参加予定。

21日:大商大高,ランニング中過呼吸で野球部員10人搬送

20日午後7時半ごろ、大阪府東大阪市の大阪商業大高校で、男性教員から「男子生徒が野球の練習中に過呼吸になった」と119番があった。

15~17歳の野球部員10人が、過呼吸や脱水症状を訴え、病院に搬送されたが、症状は軽い。
東大阪市消防局によると、10人は午後7時ごろからランニングをしていた。症状の原因は分かっていない。

15日:全国高校ラグビー、女子マネジャー美声で一役

大阪府東大阪市の市立日新高校ラグビー部のマネジャー4人が、年末年始に市内の花園ラグビー場で開かれる全国高校ラグビー大会の場内アナウンスを担当することになった。

「ラグビーの聖地」のお膝元にある同校が、「大会に役立ちたい」と名乗りを上げた。
特訓中のマネジャーたちは「全力でプレーする選手に負けないよう、精いっぱい頑張りたい」と意気込んでいる。

これまでも同校はラグビー部員が、大会期間の会場の清掃活動に参加。
昨秋、大会の運営実行委に「ほかにも何かできないか」と打診したところ、場内放送の補助を提案されたという。
学校側は早速、同部マネジャーの芝田明子さん、川崎春菜さん(ともに2年)の2人で「花園アナウンス愛好会」を結成。
今春、1年生2人を加え、計4人で練習を始め、7月からは、フリーアナウンサーの宮脇さなえさんから、月1回の手ほどきを受けている。

特訓は約1時間で、早口言葉やアナウンスの基礎となる発声や滑舌のトレーニングなど。
今月13日の特訓では、宮脇さんから「相手に伝えようとする気持ちを意識して」「難しい言葉はゆっくり発音しよう」などとアドバイスを受け、様々なポジションや反則の用語を一つひとつ丁寧に読み込んでいた。

宮脇さんは「恥ずかしさが消え、笑顔が見えるようになった。会うたびに上達しているし、ラグビーが好きなのが伝わってくる。本番が楽しみ」と期待する。

4人は11月11日、同ラグビー場で行われる府大会準決勝で初の“実戦”に臨む予定。12月27日~来年1月7日に開かれる全国大会では、試合中の反則の説明などを担当する。
川崎さんは、「最初は大きな声が出なかったけれど、楽しくなってきた。グラウンドの選手に気持ちが届くよう頑張りたい」と笑顔だった。

15日:石切小で運動会練習の熱中症女児4人搬送

14日午前8時45分ごろ、東大阪市中石切町1の市立石切小学校(林不二彦校長、955人)で、運動会の練習をしていた11~12歳の6年生女児4人が体調不良を訴えて病院に搬送された。熱中症とみられるが、いずれも軽症という。

同校などによると、運動会のリレー競技に出場する6年生約30人が、午前7時50分ごろから校庭で練習をしていた。
約30分で練習を終えた後、4人が吐き気などを訴えた。11歳の女児は30秒ほど意識を失ったが、健康への影響はないという。

大阪管区気象台によると、14日午前9時の大阪市の気温は29.6度(同日の最高気温の平年値は29.7度)、湿度64%。
13日も各地の小学校で、運動会の練習をした児童が熱中症の症状を訴え搬送された。

15日:大阪府の広い範囲で激しい雨,住宅が水に浸かるなどの被害

14日午後、大阪府の広い範囲で激しい雨が降り、東大阪市で住宅が水に浸かるなどの被害が出ている。

住民は「ものすごかったよ。うわーっと流れて。蚊取り線香から何からみんな流れてきた」と話した。
東大阪市では午後1時半ごろ、雷をともなう激しい雨が降った。

横沼町や俊徳町では、道路が冠水し、およそ60軒の住宅で床上・床下浸水の被害が出た。
堺市では、午後2時20分ごろからの1時間で、50.5mmの非常に激しい雨が降った。
この雷雨の影響で、堺市や大阪市の一部、また高石市など、少なくとも1,300軒以上の世帯が停電した。

10日:長田東で職務質問振り切り逃走,警官が軽いけが

10日午前4時55分ごろ、大阪府東大阪市長田東のコインパーキングで、止まっていた車2台に布施署の男性巡査長(29)ら2人が職務質問するため近づいたところ、いずれも逃走した。

うち1台のドアノブを握っていた巡査長が転倒して腕と足に軽いけが。同署は殺人未遂事件として調べている。

布施署によると、2台はいずれもセダンタイプの乗用車で、1人ずつ乗車していた。
うち1台は駐車場の出入り口をふさぐ形で止めた捜査車両にぶつけて逃走した。巡査長らは私服で車上荒らしの警戒中だった。

5日:菱江でボンネットに男性のせ1.5km走行,振り落とす

大阪府警河内署は5日、口論になった男性を車のボンネットにのせたまま走行し、振り落としたとして、大阪市淀川区野中北、会社員(30)を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。

発表では、容疑者は4日午後10時10分頃、同府東大阪市菱江の市道交差点で、自転車に乗った奈良県生駒市の男性(46)とぶつかりそうになり、そのことで口論になった。
その後、車のボンネットにしがみついた男性をのせたまま約1・5キロ走行し、振り落として殺害しようとした疑い。男性は軽いけが。

容疑者は約2時間後、同署に出頭。「男性に酒を飲んでいると指摘され、逃げようと思った。スピードを上げれば降りると思った。(口論の)2、3時間前にビールを飲んだ」と供述しているという。
出頭後に調べた際は、呼気からはアルコールは検出されなかったという。

4日:大阪880万人訓練 あす府内全域で行われます

【大阪880万人訓練】
いよいよあす府内全域で行われます

日時:9月5日(水曜日) 午前11時開始
想定:海溝型地震(東海・東南海・南海地震)
目的:地震発生時の情報伝達と自助行動の確認

詳しくは府のホームページで
http://www.pref.osaka.jp/shobobosai/trainig_top/h24_880.html

1日:大阪朝鮮学園,府市を提訴へ 補助金不支給取消求め

学校法人「大阪朝鮮学園」(大阪府東大阪市)は9月半ば、朝鮮学校に補助金を支給しないとした大阪府と大阪市の決定の取り消しと支給の義務づけを求める訴えを大阪地裁に起こす。
原告側弁護団が31日、取材に対し明らかにした。

訴状で原告側は、府知事だった橋下徹・現大阪市長が2010年3月に示した補助金支給の4要件に言及。
「故金日成(キム・イルソン)主席らの肖像画を教室から外す」「在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と一線を画す」といった要件を理由とした不支給について「恣意(しい)的だ」と指摘する。

そのうえで、政治的理由のみに基づく▽日本も批准した国際人権規約の民族的マイノリティー(少数者)の教育権を侵害する▽憲法14条の法の下の平等にも反する――などとして「裁量を逸脱し、違法だ」と主張する方針だ。

1日:父親の遺体放置,息子逮捕 森河内西

東大阪市のアパートに父親とみられる男性の遺体を放置したとして、32歳の無職の男が逮捕されました。

31日午後、東大阪市森河内西のアパートから「異臭がする」と通報があり、駆けつけた警察官が布団に横たわる男性の遺体を見つけました。
遺体はこの部屋に住む男性(75)とみられ、部屋にいた二男(32)が「遺体は父親です」と認めたため、死体遺棄の疑いで逮捕しました。

「8月の最初くらいに(父親を)見た。それからあまり見ていない。病気している様子はないよ。いつも1人でぶらぶら歩いていた」(近所の住民)
調べに対し容疑者は「先月28日に父親が死んでいることがわかったが、葬式の費用がないので放置した」と供述しているということで、警察は遺体を解剖し、死因などを調べる方針です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*