06BULLS 第1回トーナメント優勝

東大阪が本拠地、プロ野球独立リーグ「B.F.L.」参入の06BULLS
東大阪が本拠地、プロ野球独立リーグ「B.F.L.」参入の06BULLS

 

6BULLSが所属するリーグ「ベースボール・ファースト・リーグ」の第1回トーナメントで優勝しました。

5/19豊中、5/21花園と二日間にわたって開催されたこの大会で記念すべき偉業を果たしました。

 

5/19 1回戦 豊中ローズ球場

1回戦は宿敵「兵庫ブルーサンダーズ」

 

始球式には高校野球大好き芸人の かみじょうたけしさんが来場。
始球式には高校野球大好き芸人の かみじょうたけしさんが来場。
試合前には石毛コーチとウォーミングアップ

 

先発の那須は四球で苦しむも7回を1失点で乗り切り、大坂が2回を抑えて1回戦突破
先発の那須は四球で苦しむも7回を1失点で乗り切り、大坂が2回を抑えて1回戦突破

 

柄須賀が公式戦人生初のホームランで先制。 7回には西原のタイムリーで追加点を挙げ勝利
柄須賀が公式戦人生初のホームランで先制。
7回には西原のタイムリーで追加点を挙げ勝利

 

ホームランを打った柄須賀選手のコメント

感触は今までにない感じで軽くバットが抜けていきました。

打球が見えてなくて、そんなに飛んでいるとは思わなかったです。

公式戦では人生で初めてのホームランなのでやっぱりうれしいですね!

次はリーグ戦で打ちたいですね。

 

もう1試合の1回戦

姫路GoToWORLDと兵庫インパルスが対戦。
姫路GoToWORLDと兵庫インパルスが対戦。
兵庫インパルスは兵庫ブルーサンダーズの下部組織。
何と番狂わせが起こり、姫路が敗戦。

 

決勝は06BULLS vs 兵庫インパルス

姫路が学生チームに負けるという波乱があり、決勝は06BULLSと兵庫インパルスの対戦。

3位決定戦は兵庫ブルーサンダーズと姫路GoToWORLDの対戦。

2日後の21日花園での試合となりました。

 

 

5/21 決勝戦、3位決定戦 花園セントラルスタジアム

 

試合前には各球団選手達がグラウンドに水撒き
試合前には各球団選手達がグラウンドに水撒き

 

3位決定戦 兵庫ブルーサンダーズ vs 姫路GoToWORLD

試合は2-0で姫路の勝利。

この勝利をきっかけにリーグ戦でも姫路には頑張っていただきたいと思います。

 

 

決勝戦 06BULLS vs 兵庫インパルス

スコア

■2016年5月21日(土) 13:17 花園セントラルスタジアム

06BULLS vs 兵庫インパルス 決勝戦

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
 兵庫インパルス 1 2 0 1 1 0 0 0 0 5
06BULLS 2 1 1 1 0 2 0 0 x 7

■投手

勝:那須(06Bu) 2試合 2勝 0敗 0S

S:大坂(06Bu) 2試合 0勝 0敗 2S

負:秋山(兵庫Im) 2試合 0勝 1敗 0S

兵庫Im:山口、秋山、小川-森川

06Bu:西尾、那須、大坂-田井

■本塁打

兵庫Im:

06Bu:


 

試合内容

決勝戦のスタメン
決勝戦のスタメン

 

西尾が自滅、那須も自滅で与える必要のない得点を献上

西尾・那須ともに四死球を乱発し、序盤に大量失点。

2人で6イニング12四死球と大乱調。

何とか打線がそのたびに追いつくき、追い越し優勝を飾ったもののリーグ戦に向けて不安が残りました。

西尾は17日の試合で好投を見せただけに、もう一度調整し来週以降の登板で魅せてくれることを期待します。

那須に関しては、5日間で3度の登板と厳しい状況でしたが、本人に聞くと

それは言い訳にしかなりません。行けるといった以上は関係ありません

と力強いコメント。

ひたむきに努力する彼の日々を見ているだけに、より今後に期待出来そうです。

 

試合経過

1回表 三振、四球。ライト前へのヒットエンドランで1死1・3塁。センター前へタイムリーを放たれ先制を許す。三振、三邪飛。
1回裏 軽本ライト前ヒットも牽制に飛び出しアウト。西原・柄須賀が連続四球→パスボールで1死2・3塁。神崎がレフトへ2点タイムリー。横山四球、田井二ゴロゲッツー。
2回表 三振、死球、レフト前ヒット、三振、四球、押し出し四球、押し出し四球、二ゴロ。
2回裏 大岩三ゴロ、野副三振、市原四球→2盗。軽本ライト前タイムリー、西原二ライナー。
3回表 三振、死球、ライトフライ、四球、三ゴロ。
3回裏 柄須賀ライト前ヒット、神崎遊ライナー、横山レフトへ2塁打。田井がセンターへ犠牲フライを放ち柄須賀がタッチアップで生還。
4回表 四球、死球、四球、二ゴロゲッツーの間に1失点。三振。
4回裏 市原四球→2盗アウト。軽本センター前ヒット。西原三邪飛。軽本2盗。柄須賀のレフトへのタイムリーで追加点。柄須賀牽制飛び出してアウト。
5回表 2死後、左中間への3塁打、ライト前タイムリー。ライトフライ。
6回裏 1死後、市原が内野安打で出塁。軽本レフトフライ、牽制が悪送球になり3塁へ。西原のレフト前タイムリー。さらに柄須賀が左中間へタイムリーを放ち西原が生還も柄須賀が三塁を狙いアウト。
8回表 レフト前ヒット、三振、四球、レフト前ヒットでホームを狙いアウト。三振

 

先発西尾は2回3失点で降板。3安打4四球1死球。
先発西尾は2回3失点で降板。3安打4四球1死球。
立て直しに期待!

 

1安打も先生をひっくり返す2打点を放った神崎。
1安打も先制された直後にひっくり返す2打点を放った神崎。

 

再びリードを許した後に同点に追いつくタイムリーの軽本
再びリードを許した2回に同点に追いつくタイムリーの軽本

 

3回から登板の那須。2失点、4四球3死球。
3回から登板の那須。2失点、4四球3死球。
トーナメント2勝目。

 

「トーナメント男」柄須賀
「トーナメント男」柄須賀。トーナメント驚異の.833。
1回戦ではホームラン、この日も3安打2打点の大活躍

 

トーナメント2セーブ目の大坂。
トーナメント2セーブ目の大坂。

 

取材を終えて

第1回トーナメント優勝おめでとうございます。

このトーナメント、年間で3回行われるそうです。

3回のトーナメントで順位に応じてポイントが与えられ、ポイントの合計が一番多いチームが通常のリーグ戦の優勝チームと10月に総合優勝をかけてチャンピオンシップを戦うそうです。

3回のうちの1回を優勝したわけですので、06BULLSはチャンピオンシップに向けてかなり大きくリードしたわけですね。

昨年逃した優勝を今年は脱会してほしいです!。

 

2日間にわたって行われた初めてのトーナメント、取材する側も楽しませてもらいました。

いまはまだ4チームですが、年々参加チームが増えていって大きな大会になっていってほしいですね。

 

最後に自分的にはお気に入りな写真が撮れたので掲載させて頂きます。

野副選手

野副選手です。

左打者のこういう写真が撮りたかったのがようやく撮れました。

 

野副選手はこの春まで埼玉の高校で体育の教師をされていたのですが、自分の夢を手にするために東大阪にやってきました。

まだまだ出場機会は少ないですが、彼の努力は必ず報われると信じています。

野副選手に限らず、選手それぞれ自分の人生をかけてこの東大阪にやってきています。

そんな彼らの夢を掴む姿をぜひ応援しに花園へお越しください。

 

次回花園は24日(火)、29日(日)です。

29日の花園はイベント盛りだくさんになるようです、ぜひお楽しみに!

 

 

写真・文 東大阪バーチャルシティ 安原武男

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*