06BULLS vs 姫路GW 20160922 -花園-

06BULLS vs 姫路GW 20160922 -花園-
東大阪が本拠地、プロ野球独立リーグ「B.F.L.」参入の06BULLS

 

今年最後の休日開催となったゼロロクブルズのホーム花園。

今回もたくさんのイベントが用意され、ファンの方々が楽しんでいました。

 

石毛コーチとの対戦に8名が参加。直接触れ合ういいイベントになりました。
石毛コーチとの対戦に8名が参加。
直接触れ合ういいイベントになりました。

 

夏の布施商店街盆踊り大会で 06BULLS賞に輝いた長堂おどらん会の皆さんが盆踊りを披露
夏の布施商店街盆踊り大会で 06BULLS賞に輝いた長堂おどらん会の皆さんが盆踊りを披露

 

昨年まで06BULLSでプレーしていた猶原氏が始球式
昨年まで06BULLSでプレーしていた猶原氏が始球式

 

試合の方は6月からチームに合流し中継ぎで登板していたユン投手が初先発。

7回を投げて4安打1失点で2勝目を挙げました。

打線のほうも序盤で3得点、後半でダメ押しの3得点といい流れで勝利。

 

優勝争いとドラフト会議とこれからの1か月間はゼロロクブルズから目が離せませんね!

スコア

■2016年9月22日(木) 12:03 花園セントラルスタジアム

06BULLS vs 姫路Go To World 14回戦(06Bu 11勝3敗0分)

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
姫路GW 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
06BULLS 1 0 2 0 0 0 0 3 x 6

■投手

勝:尹信根(06Bu) 8試合 2勝 0敗 0S

S:西尾(06Bu) 19試合 8勝 4敗 1S

負:中野(姫路GW) 12試合 1勝 8敗 1S

 

姫路GW:中野、山田-古賀

06Bu:尹信根、西尾-田井

 

■本塁打

姫路GW:

06Bu:


 

試合内容

この日のスタメン
この日のスタメン

 

初回、田井が3塁打で出るとワイルドピッチで先制。

3回には軽本と柄須賀のタイムリーで追加点を奪い、8回にも市原のタイムリーと松尾の内野ゴロでダメ押しを決め気持ちのいい勝利。

初先発のユンも7回まで1失点で姫路打線を抑え8回から西尾につなぎ、その西尾も打者6人でパーフェクトに抑えました。

 

試合経過

1回裏 田井が右中間へ3塁打→ワールドピッチで先制。1死後、軽本が内野安打で出塁。神崎ライトフライの後、2盗、送球が逸れて3塁へ。横山三振。
2回裏 柄須賀がレフト前ヒット、市原の二ゴロで2塁へ。松尾の振り逃げで柄須賀が挟まれアウト。野副センター前ヒット、田井セカンドライナー。
3回裏 大岩がライト前ヒット、軽本が右中間へタイムリー2塁打。2死後、柄須賀がレフト前へタイムリー。2盗アウト。
4回表 連打で1・2塁。三ゴロゲッツーの間に走者3塁へ。レフト前へのタイムリーで1失点。
8回裏 軽本ライト前ヒット。1死後、横山が内野安打、柄須賀死球で1死満塁。市原がセンター前へ2点タイムリー。ボークで2・3塁へ。松尾の遊ゴロでさらに1点追加。

 

初先発のユン・シングン投手。7回を4安打1失点で勝利投手に
初先発のユン・シングン投手。7回を4安打1失点で勝利投手に

 

優勝へ、ドラフトへ チームを引っ張る軽本キャプテン
優勝へ、ドラフトへ チームを引っ張る軽本キャプテン

 

グラウンド内外でチームを支える柄須賀選手
グラウンド内外でチームを支える柄須賀選手、頼りになります

 

ラッキーセブンの攻撃時にはスタンドでブルズダンスと真っ赤な風船飛ばし!
ラッキーセブンの攻撃時にはスタンドでブルズダンスと真っ赤な風船飛ばし!

 

8・9回を完ぺきに抑えた西尾投手
8・9回を完璧に抑えた西尾投手

 

8回にダメ押しの2点タイムリーを放った市原、後半目覚ましい成長を見せています!
8回にダメ押しの2点タイムリーを放った市原、後半目覚ましい成長を見せています!

 

ノリ始めると止まらない!松尾達人
ノリ始めると止まらない!松尾達人

 

この日のヒーローは市原・軽本キャプテン・ユン
この日のヒーローは市原・軽本キャプテン・ユン

 

試合終了後には風船を購入した人の中から抽選で1名に2015年シーズンのユニホームをプレゼント
試合終了後には風船を購入した人の中から抽選で1名に2015年シーズンのユニホームをプレゼント

 

初先発で勝利したユン投手にウイニングボールと一緒にインタビュー
初先発で勝利したユン投手にウイニングボールと一緒にインタビュー

緊張しました。

ブルペンで緊張していて、ボールがどうかなと思っていました。

でもマウンドが好きなので、マウンドでは落ち着いて行けました。

マウンド上でしゃべることで自分のペースがつくれるんです(笑)。

今日は7回まででしたが、次は9回0失点が目標です!

 

取材を終えて

理想に近い試合だったんではないでしょうか。

先制、中押し、ダメ押しと得点を重ね、先発のユンが7回1失点で西尾につなぎ、その西尾が2回を完璧に抑えての勝利。

確実に勝ち星を重ねることの大切さがここにきてとても重要であることをみんなが感じているんではないでしょうか。

シーズン序盤の1試合も、終盤に来ての1試合も「1」。

優勝争いに大きな影響を与えてしまっている取りこぼし、1勝の大切さを感じさせられます。

 

考え方を変えれば06BULLSはすでにチャンピオンシップへの進出は決まっております。

”敢えて” 年間優勝をチャンピオンシップを経て決めてやりましょう!

 

普段の公式戦とは全く違う緊張感の中で行われるチャンピオンシップ。

この緊張感を経験することは今後の人生にとっても大きなプラスとなると思います。

 

東大阪バーチャルシティもチャンピオンシップをまた経験させて頂きます。

 

 

写真・文:東大阪バーチャルシティ 安原武男

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*