遂に兵庫を撃破!06BULLS vs 兵庫BS リーグ戦 2015.09.29

遂に兵庫を撃破!06BULLS vs 兵庫BS リーグ戦 2015.09.29

 

スコア

■2015年9月29日(火) 12:02 花園セントラルスタジアム

06BULLS vs 兵庫ブルーサンダーズ 8回戦(06Bu 2勝6敗0分)

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
兵庫ブルーサンダーズ 0 0 0 2 0 5 1 0 0 8
06BULLS 0 3 4 4 0 1 2 0 x 14

■投手

勝:田中 15試合 5勝 4敗 0S

S:

負:渡部 20試合 10勝 1敗 2S

兵庫BS: 渡部、藤井、黒田、ワフラ、山川-岡本、川畑、垂井

06Bu:田中、橋本、大坂、松尾-田井

■本塁打

兵庫BS:

06Bu:横山3号


 

勝利しかない中での兵庫戦

ここで負ければ兵庫に優勝マジックが点灯する土壇場での試合。

始まってみれば3回終わった時点で7点差の一方的な勝ちゲームの予感。

4回には互いに点を取るも点差はさらに広がりました。

 

しかしそう簡単に勝たせてはもらえませんでした。

6回からマウンドに上がった橋本がアウトを1つも取れず5失点。

ミスもあっての自責点3でしたが、打者5人に2安打2四球1暴投。

 

その後7回にも1失点するも、終わってみれば14-8と打ち勝って勝利。

 

後期優勝へ向けて課題も多くありますが、残り試合すべて勝つ気持ちで走りきってほしいです。

 

 

試合内容

遂に兵庫を撃破!06BULLS vs 兵庫BS リーグ戦 2015.09.29
この日のスタメン

 

遂に兵庫を撃破!06BULLS vs 兵庫BS リーグ戦 2015.09.29
久々のスマイルフォトシート発表

 

試合経過

2回裏 神崎が四球。田井のバスターが三ゴロエラーに。大前の三ゴロで三塁アウト、1死1・2塁。柄須賀がレフト前へタイムリー2塁打で先制。瑞貴が右中間へ2点タイムリ3塁打。
3回裏 1死後、駿熙と軽本が連続ライト前ヒット。神崎が四球で満塁に。田井が右中間への2点タイムリー2塁打。ワイルドピッチで1点。大前のセンターへの犠牲フライで1点。
4回表 ライト前ヒット。1死後、センター前ヒットで3塁への送球がキャッチミスで一気にホームへ。1死2塁から四球の後に、レフト前へタイムリー。
4回裏 瑞貴が三ゴロエラーで出塁。大岩の送りバントで1死2塁。横山四球、駿熙死球。軽本がレフトへタイムリー。神崎のセンタ犠牲フライで1点。パスボールで2・3塁。田井の内野安打で1点。田井が2盗をした隙に軽本がホームイン。
6回表 四球とレフト前ヒットで1失点。四球パスボールでさらに1失点。1ゴロで2塁への送球がランナーに当たり満塁。センターオーバーの3点2塁打。四球パスボールで1失点。二ゴロゲッツーの間に1失点。ライトへの3塁打、三振。
6回裏 横山が3号ソロ。
7回表 レフト前ヒット→2盗。左中間へのタイムリー2塁打。
7回裏 1死後、坪井の四球→大岩送りバントで2死2塁。横山がセンターオーバーのタイムリー2塁打。駿熙もライト前へタイムリー。

 

遂に兵庫を撃破!06BULLS vs 兵庫BS リーグ戦 2015.09.29
先発は田中。5回を3安打2失点で5勝目。

 

遂に兵庫を撃破!06BULLS vs 兵庫BS リーグ戦 2015.09.29
2回に先制タイムリーを放った柄須賀。

 

遂に兵庫を撃破!06BULLS vs 兵庫BS リーグ戦 2015.09.29
2安打3打点の田井捕手。笑顔がステキです。

 

遂に兵庫を撃破!06BULLS vs 兵庫BS リーグ戦 2015.09.29
2番手は橋本。この登板を次へつなげろ!

 

遂に兵庫を撃破!06BULLS vs 兵庫BS リーグ戦 2015.09.29
急遽橋本の後を受けて登板の大坂。ピンチを受けての3回1失点。

 

遂に兵庫を撃破!06BULLS vs 兵庫BS リーグ戦 2015.09.29
キャプテン横山が貫録の3号ソロ。いやな雰囲気を弾き返しました。

 

遂に兵庫を撃破!06BULLS vs 兵庫BS リーグ戦 2015.09.29
シーズンを通してポジションを確保の駿熙 、2安打1打点。

 

遂に兵庫を撃破!06BULLS vs 兵庫BS リーグ戦 2015.09.29
選手層の厚くなった内野でいかにポジションを勝ち取るか、大岩。

 

遂に兵庫を撃破!06BULLS vs 兵庫BS リーグ戦 2015.09.29
最終回は守護神 松尾。2安打されるもホームを踏ませずピシャリ。

 

 

取材を終えて

今シーズンわずか2勝しかしていない兵庫戦。

この日負ければシーズン完全優勝へのマジックが点灯する中で、選手達が序盤から魅せてくれました。

11安打14得点の猛攻で兵庫に打ち勝ち、後期優勝への望みをつなぎました。

 

今季前半戦から打線が打てない中、踏ん張った投手陣。

逆にこの日のように投手陣が打ち込まれたときには、打線がそれを上回る破壊力でカバー。

こうした相乗効果が出てきてこその「勝利」。

まだまだ逆転優勝に向けて突っ走ってください!

 

 

写真・文:東大阪バーチャルシティ 安原武男

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*