06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.09.11

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.09.11

 

スコア

■2015年9月11日(金) 16:32 豊中ローズ球場

06BULLS vs 姫路 Go To WORLD 8回戦(06Bu 8勝0敗0分)

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
姫路 Go To WORLD 0 0 5 1 1 0 0 0 0 7
06BULLS 2 0 3 2 0 0 2 0 x 9

■投手

勝:橋本 13試合 2勝 1敗 0S

S:松尾 21試合 0勝 1敗 12S

負:皆川 19試合 0勝 6敗 2S

姫路GW: 森野、皆川-託実

06Bu:西尾、橋本、大坂、松尾-田井

■本塁打

兵姫路GW:

06Bu:


 

粘り強さが出てきた06BULLS打線!!

初回先制するも3回に大量失点で逆転。

前期ならこのままズルズル・・・という展開が多かったですが、後期はここからの巻き返しを見せてくれます。

取られた直後に同点に、更に逆転されてもすぐに巻き返し。

最終的に競り勝っての5連勝。

投げては中継ぎで登板した橋本が三者連続を含む2回4奪三振。

最後は守護神松尾が9回を2奪三振でリーグトップの12セーブ目。

 

いよいよ役者が揃ってきたゼロロクブルズ。

残り11試合、見逃せません。

 

試合内容

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.09.11
この日のスタメン

 

初回、神崎と大前のタイムリーで2点を先制。

しかし3回に連打とエラー四球が重なり、5失点。

ここからが今までのゼロロクブルズとの違い。連打を重ね3回と4回で逆に5得点。

その後互いに点を取り合う中、打ち勝っての勝利。

まだまだミスは多いですが、打ち勝つ力を身に着けたゼロロクブルズは簡単に負けません。

残り試合が楽しみになってきました。

 

試合経過

1回裏 横山がレフト前ヒット、駿熙がセンター前ヒット。田井の二ゴロがゲッツーとなり2死3塁。神崎が左中間へタイムリー2塁打、大前がセンター前へタイムリーで2点を先制。瑞貴がライト前でチャンスを広げるも大前が3盗失敗でチェンジ。
2回表 1死後、遊ゴロがエラーになるも牽制でアウト。
2回裏 1死後、坪井がレフトオーバーの2塁打。大岩の犠牲フライで3塁へ進むも横山投ゴロで追加点ならず。
3回表 ライト前・センタ前ヒットから送りバントを田井の3塁への送球がそれて1失点。1死2・3塁からライトへの犠牲フライでランナー生還。四球の後、遊ゴロゲッツーが崩れて1失点。四球、死球で2死満塁。三ゴロ送球がそれる間に2者生還でこの回5失点。
3回裏 駿熙が四球で出て2盗、田井の遊ゴロで3塁へ。神崎がレフトへタイムリー。大前三振の後、瑞貴のレフトへのタイムリー3塁打が送球がそれてそのままホームイン。
4回表 2死後、レフトへの2塁打のランナーがワイルドピッチで一気にホームへ
4回裏 坪井の内野安打が送球逸れて2塁へ。1死後、横山のライトフライがエラーになり坪井ホームイン。続く駿熙もレフトへタイムリー。
5回表 レフトへ2塁打、ライト前ヒットで無死1・3塁。遊ゴロゲッツーの間に3塁ランナーホームイン。
5回裏 神崎、大前が連続安打。1死後、二重盗を試みるも3塁アウト。三振。
6回表 この回から登板の橋本が三者三振のピッチング。
7回裏 駿熙、田井が連続四球。ワイルドピッチで2・3塁。神崎のライトへの犠牲フライとキャッチャーの悪送球で2者生還も、駿熙の離塁が早くてアウト。大前のライト前、瑞貴のレフト前ヒットで2死1・3塁。代打軽本のレフトフライを落球し大前がホームイン。
8回裏 大前、猶原が連続安打。駿熙の二ゴロゲッツーで2死3塁。田井四球、神崎レフトフライでチェンジ。

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.09.11
先発は西尾。5回を7失点自責2点

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.09.11
3安打の瑞貴。入団以来好調をキープ。

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.09.11
2安打2四球でチャンスメイクの駿熙

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.09.11
2回6人を4三振で完璧に抑えた橋本、圧巻です。

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.09.11
1回を無安打2三振でつないだ大坂

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.09.1106BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.09.11
最終回を2三振含む3人で抑えた守護神、松尾。12セーブ目

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.09.11
この日のヒーロー「神崎・橋本・大前」
マスコットガールに顔がゆるみます;;

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.09.11
ベンチには先日この球場で開催されたU-18のワールドカップのパネルが飾られていました。

 

 

取材を終えて

打線がつながり始めています。

前期、なかなかうまく打線がつながらず得点にならず投手に助けられていましたが、後期はその投手を支えるかのように打線がつながり始めています。

 

投打のかみ合いが後期優勝へは不可欠です。

優勝するには首位兵庫ブルーサンダーズを直接倒さないと見えてきません。

5連勝とはいえ、そのうち4勝は姫路。

いかに兵庫を打ち崩し、抑えるかが課題となります。

 

前後期完全優勝という悔しい想いだけはしたくありません!

もう一度チームの結束を固めて残り11試合、全勝するつもりで爆進してください。

 

今年も花園で監督が宙を舞う瞬間をみんなで!

 

 

写真・文:東大阪バーチャルシティ 安原武男

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA