06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.06.02

スコア

■2015年6月2日(火) 12:01 花園セントラルスタジアム

06BULLS vs 姫路 Go To WORLD 6回戦(06Bu 5勝0敗1分)

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
姫路 Go To WORLD 0 0 2 0 2 0 0 0 0 4
06BULLS 0 3 0 0 0 1 0 5 x 9

■投手

勝:アブドラ(06Bu) 4試合  1勝  0敗  0S

S:

負:湯山(姫路GW) 4試合  0勝  1敗  0S

姫路GW:森野、湯山、久-託実

06Bu:西尾、田中、アブドラ-田井

■本塁打

姫路GW:

06Bu:


 

遂にホーム花園で初勝利!

東大阪のプロ野球独立リーグ「ゼロロクブルズ」。

4月4日に三田で開幕し、ホーム花園では4試合目。

ようやく本拠地花園のお客さんに勝利を見せることができました。

 

まだまだ本調子!とはいかないでしょうがこの勝利をきっかけに目覚めてほしいですね。

 

試合内容

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.06.02
この日のスタメン

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.06.02
駿熙と神崎

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.06.02
田井捕手

 

先制はゼロロクブルズ。

2回の裏に死球の田井、四球のパクをおいて神崎、達人が連続タイムリーで3点を先取。

先制の後に一時中断を挟み2点を返されるも、6回裏に再び達人のタイムリー。

8回裏にはこちらも再びの神崎が2点タイムリー、柄須賀が満塁一層の3点タイムリーで勝負が決しました。

 

9得点と大量に点を奪いましたが、まだまだ四死球と相手のエラーによるところがあり、打線が爆発!!!にはもうひと暴れ必要です。

 

そんな中で3番手としてマウンドに上がったアブドラが、1安打無失点に抑えて勝利投手になったのは嬉しい結果です。

 

試合経過

1回表 二ゴロ、四球→2盗アウト、四球、死球、三振。
1回裏 柄須賀がライトオーバーの2塁打。大岩の遊ゴロで柄須賀が挟まれアウト。軽本の遊ゴロゲッツーでチェンジ。
2回裏 田井死球→2盗→ボークで3塁へ。横山三振、パク四球。神崎のタイムリで1点先制。捕手の牽制がそれて2・3塁。達人のタイムリーで2点追加。
3回表 1死 1・2塁から右中間へタイムリーを打たれ1点返される。さらにライト前ヒットで満塁。センターフライでタッチアップ1点追加。
3回裏 大岩が3塁線を抜ける2塁打。1死後、田井が四球。捕手の2塁へのけん制がそれて2・3塁に。横山三振、パクが一飛でチェンジ。
5回表 レフト前ヒットとワイルドピッチ、連続四球で無死満塁。1死後、三ゴロホームアウトで2死。センターフライタッチアップで1点。2死1・2塁からレフト前に1点タイムリー。
6回裏 1死後、パクの四球と神崎のセンター前ヒットで1・3塁。またしても達人がタイムリーで1点追加。
8回裏  田井四球→2盗。横山四球、坪井の遊ゴロがエラーとなり満塁。神崎がレフト前へ2点タイムリーを放ち追加点。達人一ゴロで1死2・3塁。駿熙が四球で再び満塁。柄須賀が左中間へ3点タイムリーでこの回5得点。

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.06.02
先発は西尾。5回4失点。

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.06.02
2番手は田中。6回の1イニングを無失点。

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.06.02
7・8・9回をアブドラが無失点、打線が爆発し初勝利。

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.06.02
3打点その1: 柄須賀

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.06.02
3打点その2: 神崎

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.06.02
3打点その3: 達人

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.06.02
ヒーローインタビューは神崎とアブドラ

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.06.02
提携団体、ネパール野球ラリグラスの会さんを通じてネパール大震災義援金を募集しています。

 

06BULLS vs 姫路GW リーグ戦 2015.06.02
試合中、隣の畑で野焼が始まり一時グラウンドが視界不良で中断><

 

取材を終えて

ようやく花園勝利です。

例年以上にエンジンのかかりが遅いのか、それとも。。。

少なくとも全選手がNPB入りを目指してこの場所で野球をしていることは疑いのない事実です。

10月のドラフト会議に向けて、どこまで逆算をして準備をし自分のプレーをアピールできているか。

アピールしようとしているのか?

 

地元の商店街や自治会さん、企業にもちろんファンの皆さん。

少しずつですが応援ムードが高まってきて、地元の球団になりつつある4年目。

4年間の実績が蓄積として、秋のドラフトで花咲くのか。

 

結果はシビアに目の前に突き出されます。

その時、東大阪が喜びの声でいっぱいになる事を祈っています。

 

夢を掴め!ゼロロクブルズ!

 

 

 

今週土日6・7日は花園での連戦です。

野田市長や立花副市長の来場、市内中学校野球部の皆さんの来場・ボールボーイ、露店やFC大阪さんの来場など盛りだくさんです

ぜひ土日は花園で地元の球団を応援しましょう!

 

11289716_876263182421620_1209219953_n

 

 

 

写真・文:東大阪バーチャルシティ 安原武男

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*