東大阪バーチャルシティ 東大阪周辺地域密着情報ページです。東大阪周辺情報ならナレッジにお任せ。東大阪の住民・企業同士の交流の場となれば

2009年9月の東大阪 NEWS →最新のNEWS

26日 瓜生堂で共同住宅焼け,1人死亡

26日午後2時半ごろ、東大阪市瓜生堂2、店舗付き共同住宅「むつみ荘」から出火、木造2階建て延べ約480uのうち、出火した1階の一室約11uが焼け、住人とみられる男性(71)の遺体が見つかった。
河内署によると、室内の布団付近が燃えた。店舗やほかの住人にけがはなかった。同署は身元を確認するとともに、出火原因を調べている。
24日 東大阪「子育てクーポン」5200世帯2万円分発行

東大阪市は、プレミアム(割増金)付き商品券や、15歳未満の子どもが3人以上いる家庭には1世帯当たり2万円分の子育て応援クーポン券を発行する。
両事業費などを盛り込んだ一般会計補正予算案を25日開会の市議会に提案する。

国の地域活性化・経済危機対策臨時交付金を活用。歳末商戦や入学準備の時期に合わせ、地域の景気刺激を狙う。
商品券には1割分のプレミアが付き、東大阪市小売商業団体連合会が10億円分を発行。
市がプレミア分1億円を負担する。事業に参加する市内の店舗で11月下旬〜来年1月末の期間限定で使えるようにする。

子育て応援クーポン券は、対象となる市内約5200世帯に総額1億400万円分を支給。
市内の医師会や歯科医師会と連携し、新型インフルエンザのワクチン接種や歯科検診などにも利用可能にする。
24日 近鉄百貨店で巨人セ・リーグ優勝記念セール開催

巨人のセ・リーグ優勝を祝して、近鉄百貨店の直営店舗では24日から週間、「2009セ・リーグ制覇 読売ジャイアンツ優勝おめでとうセール」を開催する。
監督、選手の背番号にちなんだ優勝記念商品、お買い得品満載のV袋やジャイアンツグッズが販売される。

実施店舗は阿倍野店、上本町店、枚方店、東大阪店、奈良店、橿原店、生駒店、和歌山店、桔梗が丘店、桃山店、草津店。
ただし阿倍野店は24日が休業のため、25日から6日間の開催。
19日 吉田の弁当屋に強盗,エビチリと1万円奪う

19日午前8時50分ごろ、東大阪市吉田8丁目の宅配弁当販売店に男が侵入、パート女性(52)にカッターナイフを突きつけ「金を出せ」と脅した。
男は、女性が自分の財布から差し出した現金1万円と、エビのチリソースなどが入った弁当用のおかず1パックを奪って逃げた。店内には女性しかおらず、けがはなかった。
河内署によると、男は60〜70歳ぐらい。同署が強盗事件として調べている。事件から約45分後に出勤した店の責任者が女性から報告を受け110番した。
15日 東大阪市でコンビニ強盗、犯人は若い男か

15日午前5時頃、東大阪市横沼町のコンビニエンスストア「ファミリーマート俊徳道店」に男が侵入。男性アルバイト店員(21)に果物ナイフのような物を突きつけて「金を出せ」と脅し、レジから約4万円を奪って逃走した。
客はおらず、店員にけがはなかった。布施署は強盗容疑で捜査。
発表では、男は20歳前後で約1m70cm。黒っぽいシャツにジーパン姿で、赤っぽい野球帽にサングラスを着けていたという。
15日 まいど1号役目終了 今月末で運用停止

1月に打ち上げられた大阪の町工場発の人工衛星「まいど1号」について、東大阪宇宙開発協同組合は14日の理事会で、今月末で期限が切れる宇宙航空研究開発機構(JAXA)との運用委託契約を更新しないことを決めた。

まいど1号は、組合が開発し、管制業務をJAXAに委託している。雷の観測や「自画像」撮影など予定した実験を5月末までに終了。
寿命は尽きていないが、このまま運用しても管制業務に必要な月約150万円の費用に見合う成果は期待できないという。
大阪府立大が担うまいど1号とのアマチュア無線交信は続くが、衛星の寿命は短くなる可能性が高いという。
理事長は「期待以上の働きで、役割は十分果たしてくれた。最後まで運用して装置の耐久性を確認したかったが、やむを得ない」としている。
12日 若江南町ボウリングレーンから煙 100人避難

11日午後11時35分ごろ、東大阪市若江南町1丁目にある複合レジャー施設「ラウンドワン東大阪店」の2階ボウリングレーンから煙が出たと、119番があった。
東大阪市消防局や河内署によると、建物内にいた約100人の客や従業員が屋外に避難。煙を吸って気分が悪いと訴えた人がおり、20〜30代の男女7人が病院に運ばれ手当てを受けた。いずれも軽症とみられる。

ピンを倒したボールを、投げる位置に戻すレーン床下の機械から煙が出たとみられ、詳しい原因を調べる。
ボウリングをしていた男性(20)は「店内に白い煙が霧のように立ち込めた」と驚いた様子で話した。
12日 生野で路上強盗、女性けが

11日午前3時20分ごろ、大阪市生野区勝山南の路上で、飲食店店員の女性(27)が徒歩で帰宅中、背後から男に「北巽はどこですか」と声をかけられた。
女性が振り返ると、男は果物ナイフのようなものを突きつけ、「かばんを出せ」と脅し、現金約8万円入りのかばんを奪って逃走。女性は転倒し、ひざや右手に軽傷を負った。

生野署は強盗致傷事件として捜査。男は30歳くらいで身長約165cm。黒っぽいTシャツを着て、黒縁の眼鏡をかけていたという。
女性は、勤務先の東大阪市内から現場近くまで知人に車で送ってもらった後、1人で歩き出したところで声をかけられたという。
10日 近大 仮想空間でキャンパス見学会

近畿大学は10月3日、「近畿大学バーチャルオープンキャンパスin東大阪キャンパス」を実施する。参加者は、インターネット上で3次元の仮想空間として構築したキャンパスを見学、在学生や職員とチャットで対話できる。

大学を直接見学できない高校生らのために企画。参加者は、「アバター」と呼ばれるキャラクターを分身として操作し、仮想キャンパスを巡ることができる。
アテネ五輪水泳男子銀メダリストで、同大学職員の山本貴司さんを始め、職員や在学生もアバターとして登場。チャットで、入試や大学生活についてのアドバイスも受けられる。
参加希望者は10日から28日まで、同大学の入試情報サイト(http://kindai.jp/)からメールで申し込む。先着100人。
8日 労災隠し 事故を虚偽報告 書類送検

労災事故の内容を偽って報告したとして、茨木労働基準監督署は7日、機械設置会社(東大阪市)と同社の男性取締役(60)を、労働安全衛生法違反(労災隠し)の疑いで大阪地検に書類送検した。

容疑は、2006年11月24日、茨木市下穂積の下水道ポンプ場で、設備の更新をしていた60代の男性作業員が、倒れてきたH鋼(長さ2.5m、幅15cm)に左手を挟まれ、中指切断の重傷を負った。
その際、同社とこの取締役は、現場を管轄する同労基署ではなく、本社がある東大阪労基署に「本社倉庫内での整理作業中に事故に遭った」と虚偽の報告をしたとしている。
茨木労基署によると、取締役は「元請けの会社に迷惑がかかるので、自分の会社の倉庫内で事故に遭ったことにした」と話しているという。
5日 「まいど1号」資金難で早すぎる“引退”

今年1月に打ち上げられた東大阪宇宙開発協同組合の雷観測衛星「まいど1号」の運用問題で、同組合は来月以降、管制を打ち切る方針を固めた。
アマチュア無線による交信だけは可能といい、同組合は「管制をやめればいつまで持つか分からんけど、できるだけ長生きしてほしい」としている。

まいど1号は、同組合と支援協定を結んだ宇宙航空研究開発機構が、衛星の位置や電力の監視、姿勢制御などの管制業務を担い、雷センサーや搭載カメラの操作も行ってきた。
しかし、8月末で協定期限が切れ、自前の管制室を持たない同組合が運用を続けるには月150万円の経費を自己負担する必要があった。
国や地元自治体の助成金を得る道を探ったものの、実を結ばなかったという。

同組合は、講演料などをためていた自己資金を取り崩して1か月分の運用資金をどうにか捻出。
8月末に管制業務の契約を延長したが、10月以降は資金調達のめどが立たず、やむなく管制を中止することにした。
管制を打ち切ると、トラブルの把握や対応ができないうえ、太陽電池パネルを太陽の方向に向ける姿勢制御やバッテリーを長持ちさせるための電源のこまめな切り替えといった衛星の寿命と生存にかかわる基本操作も不可能に。
宇宙からの写真撮影や雷観測などの実験もできなくなる。

搭載したアマチュア無線機の電源を入れたままにしておけば、簡単な交信や太陽光観測装置の操作は大阪府立大の管制室で行える。
しかし、寿命が約3年のまいど1号は、運が悪ければ1か月前後で交信不能になる可能性もあるという。
5日 大阪府議会の定数3減へ

大阪府議会の朝倉秀実議長は4日、議会運営委員会理事会で現在112の議員定数を3議席減らす案を示した。
共産を除く主要4会派が賛同しており、25日開会の9月議会に定数条例改正案を議員提案する。
議案は賛成多数で10月にも可決され、11年春の府議選から適用される見通し。
議長案では、議員1人あたりの人口が少ない東大阪市、八尾市、大阪市平野区の3選挙区での各1減を提示。

自民、民主、公明、自民党・維新の会の4会派は「財政難で府民に痛みを強いており、定数減は避けられない」と了承したが、共産は現行定数の維持を主張した。
地方自治法が定める大阪府の議員定数の上限は神奈川県、埼玉県、愛知県と同じ120。だが、現行の定数は神奈川107人、愛知104人、埼玉94人で、大阪は最も多い。
橋下徹知事による財政改革を受けて、昨年7月に公明が12減を提案し、主要会派で検討を続けていた。
3日 消防学校で訓練中,消防士が暴力

府立消防学校(大東市)の初任科で学ぶ東大阪市消防局の男性消防士(23)が、一緒に訓練を受けていた消防士に暴力を振るってけがをさせ、同校から謹慎処分を受けたことがわかった。同消防局も8月21日付で、訓戒処分にした。

同校によると、同月6日午後、5〜6人の班でポンプを扱う訓練後、男性消防士が、別の消防士(22)の脚をけり、軽傷を負わせた。
17日に被害者から申告を受けた同校が、同日から9月25日の卒業まで謹慎処分とした。男性消防士は「(被害者が)操作に手間取っていたのでカッとなった」と話しているという。
2日 東大阪の鋳造工場全焼,7棟延焼

1日午後10時ごろ、東大阪市西堤本通西1丁目の、「大仁鋳造」の鋳造工場から出火、約5時間半にわたって燃え、木造平屋建ての同工場約1300uが全焼したほか、近くの木造住宅7棟の外壁が燃えるなどした。けが人はいなかった。

警布施署によると、同工場では、鉄を溶かし、鋳型に流し込んで部品をつくっており、1日夕まで作業をしていた。工場の一角では、社長(56)と母(91)が生活しており、出火当時2人は就寝中だったという。
近所の住民が「工場内が燃えている」と知らせたため、逃げて無事だった。同署と東大阪市消防局が出火原因を調べている。
現場は、工場や住宅などが立ち並ぶ。近くに住む男性会社員(35)は「大きな火柱が立って、家の近くまで火の粉が飛んできた」と話した。

今月の NEWS に戻る
2009年8月7月6月5月4月3月2月1月の NEWS
2008年12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月の NEWS
2007年12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月の NEWS
2006年12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月の NEWS
2005年12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月の NEWS
2004年12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月の NEWS
2003年12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月の NEWS
2002年12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月の NEWS
2001年12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月の NEWS
2000年12月11月10月9月の NEWS
東大阪周辺地域の情報が満載! 東大阪バーチャルシティ http://www.h-osaka.com/