布施ラインシネマでラグビーワールドカップを観よう!パブリックビューイング開催

今年3月、世界的なビッグイベント「ラグビーワールドカップ2019」の開催地に大阪府・東大阪市が選ばれました。

日本で最も古いラグビー場「東大阪市花園ラグビー場」で開催されます。

そのラグビーワールドカップが今年イングランドで開催されます。

その試合を東大阪が誇る映画館「布施ラインシネマ」のスクリーンで生放送しちゃおう!みんなで観ちゃおう!ということで。。。

 

ラグビーワールドカップ2015イングランド パブリックビューイングin ラグビーのまち東大阪 @布施ラインシネマ

 

布施ラインシネマのスクリーンでパブリックビューイングが開催されます。

あの映画館のスクリーンでラグビーの最高峰のプレイがみんなで一緒に観れちゃいます。

映画のスクリーンでスポーツ観戦ってどんな感じなんでしょうね。

初めての試みなので、主催される側も楽しみにされているようです。

 

今回はこのパブリックビューイングが開催される布施ラインシネマの掛谷嘉昭支配人さんにお話を伺いましたのでお読みください。

 

 

東大阪バーチャルシティ(以下、ひがばちゃ):

今日はよろしくお願いします。

 

 

掛谷嘉昭支配人さん(以下、掛谷支配人):

こちらこそよろしくお願いします。

 

 

ひがばちゃ:

早速ですが、このパブリックビューイングを開催するきっかけはなんだったのでしょうか?

 

 

掛谷支配人:

前から布施でやりたいという思いはあったんです。

そんな中で今年、開催都市に決まるとイングランドの2015大会組織委員会から東大阪市の方にパブリックビューイング開催の案内が届きました。

そこで布施が手を挙げ、市の要望で実行委員会をつくり開催に至ったという経緯があります。

関西では大阪と神戸が大会組織委員会の公認イベントとして認定されているそうです。

 

 

ひがばちゃ:

それにしても映画館のスクリーンでの開催となるとすごい迫力になるんじゃないでしょうか?

 

 

掛谷支配人:

実は昨年の最終予選の時、クレアホール・ふせでパブリックビューイングが開催されたんです。

その時も協力させてもらったのですが、今回はうちのスクリーンで完璧な設備を使って迫力の映像を感じてもらえれば思っています。

深夜なので年齢での入場制限などはありますが、布施商店街も協力しての開催になります。

昨年から布施商店街のチラシにもワールドカップ誘致の言葉を掲載して、ラグビーのまち東大阪をアピールしてきました。

 

 

ひがばちゃ:

世界的なイベント開催となると、ラグビーファンだけでなくこれまで関心のなかった市民の皆さんにも一緒に盛り上がってもらいたいところですが、このパブリックビューイングはラグビー初心者の方が参加しても大丈夫でしょうか?

 

 

掛谷支配人:

本当は生でラグビーを観てほしいところなんですが、この世界最高峰の世界ラグビーをぜひともこの機会にご覧いただきたいです。

日本代表チームも過酷な練習をしていますので、日本代表への愛、東大阪・布施への愛をこの場を共有してほしいです。

大きなスクリーンで一緒に盛り上がってほしいですね。

 

ラグビーワールドカップ2015イングランド パブリックビューイングin ラグビーのまち東大阪 @布施ラインシネマ
前回、クレアホール・ふせで開催時の様子

 

ひがばちゃ:

では最後になりますが、このパブリックビューイングに期待されていることはありますか?

 

 

掛谷支配人:

このラグビーへの取り組みは布施商店街として重要な事だと考えています。

まちづくり・郷土愛をどう感じてもらうか、布施商店街はそのコミュニティづくりの中心を担うべきだと思っています。

 

布施は古来より街道が複数交わる場所だったそうです。

ここをハブとしてたくさんの方が利用していました。

江戸時代にはお伊勢参りへ向けて色んな人が交わる場所だったと聞いています。

 

その交流の拠点を2019年になぞらえるべきだと思っています。

海外からラグビーを見に来た方々に東大阪・布施を訪れてもらって、市民や商店街がどれだけおもてなしをしてかつての布施を取り戻せるか。

 

毎年年末には全国から高校ラグビーを見に花園へ多くの方が来られます。

2019年には世界中からラグビーを見に花園へ来られます。

 

全力でワールドカップを、ラグビーのまちを盛り上げられるようにイベントや施設なども含めて私たち布施ラインシネマもお役にたてればと思っています。

 

 

ひがばちゃ:

2019年に向けての熱い想い、ありがとうございます。

東大阪バーチャルシティも微力ではございますが、お役にたてればと思います。

本日はありがとうございました。

 

 

 

掛谷支配人:

こちらこそありがとうございました。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

取材を終えて:

いよいよ明後日19日南アフリカ戦、そして23日スコットランド戦と2試合パブリックビューイングが開催されます。

私自身まだラグビーに詳しくないので、勉強をしながら2019年を迎えるべくこのイベントに参加しようと思います。

インタビューを通じて、掛谷支配人さんの東大阪・布施・ラグビーに対する熱い想いをお聞きすることができました。

 

ラグビーに詳しい方も、まだまだ初心者の方もぜひ19日・23日は布施ラインシネマで一緒にラグビーを観戦しましょう!

 

 

イベント情報:

【ラグビーワールドカップ2015イングランド パブリックビューイング in ラグビーのまち東大阪】

開催日時:

2015年9月19日(土)南アフリカvs日本 23:45開場/24:45キックオフ

2015年9月23日(祝・水)スコットランドvs日本 21:30開場/22:30キックオフ

会場:

布施ラインシネマ(近鉄布施駅中央出口を出て、線路高架沿いに難波方面に徒歩2分)

入場無料

※先着180名 当日正午より入場整理券を配布 満員の際にはご入場をお断りいたします。

※「大阪府青少年健全育成条例」により、18歳未満の者は午後11時以降の外出が禁止されておりますので、保護者同伴でもご入場いただけません。
※年齢の分かるものの提示を求める場合があります。また、提示されない場合はご入場をお断りいたしますので、ご了承下さい。

 

主催:東大阪 / RWC2015パブリックビューイング実行委員会

後援:布施商店街連絡会

協力:大阪ラグビーファミリー

 

 

 

取材協力:布施ラインシネマ 支配人:掛谷嘉昭 様

 

写真・文:東大阪バーチャルシティ 安原武男

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA