06BULLS vs 兵庫BS 20180429 -豊中

06BULLS vs 兵庫BS 20180429 -豊中

開幕戦、見事に勝利した06ブルズでしたがその後は2連敗。

サブホームである豊中ローズ球場での開幕戦、ここで確実に勝利してまずは成績を五分に戻しておきたいところ。

そのために開幕戦で勝利を挙げた宮前が先発で登板するも。。。

 

試合開始

この日のスタメン
この日のスタメン

 

スコア

■2018年4月29日(日) 12:02 花園セントラルスタジアム

06BULLS vs 兵庫ブルーサンダーズ 3回戦(06Bu 1勝2敗0分)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
兵庫BS 0 1 3 0 1 0 4 0 3 12
06BULLS 0 0 1 0 0 1 5 1 0 8

■投手

勝:真木(兵庫BS) 1試合 1勝 0敗 0S

S:

負:宮前(06Bu) 2試合 1勝 1敗 0S

 

兵庫BS:真木、齊藤義、森田、小牧、三山-木山

06BULLS:宮前、田中、山口、中西-山北、永山、鈴木

 

■本塁打

兵庫BS:

06BULLS:




 

 試合内容

 

試合経過

1回裏  花岡遊内安、1死後花岡が飛び出しアウト、上村四球→パスボールで一気に3塁へ、長嶺センターフライ
2回表  ライトへ2塁打、1死後センター前タイムリーで先制を許す
3回表  レフト前ヒット、レフト前ヒットで1・3塁。センターへの犠牲フライで1失点、2盗、死球、パスボールで1・3塁、四球で満塁、押し出し四球で1失点、ショートフライ、押し出し死球で1失点、三振
3回裏  野元・花岡が連続四球、三崎センターフライ、上村がバントを見送ると野元が飛び出すも3塁へ→花岡が1~2塁間で挟まれているすきに野元がホームイン・花岡1塁帰塁セーフ、パスボールで2塁へ、上村四球、長嶺1ゴロゲッツー
5回表  センター前ヒット→2盗・送球が逸れて3塁へ、ライトへの犠牲フライで1失点、レフト前ヒット、センター犠牲フライで3塁へ、セカンドライナー
6回裏  上村センター前ヒット、長嶺ニゴロ、山北内野安打、代打永山のセンター犠牲フライで上村ホームイン
7回表  レフトへ2塁打→送りバントで3塁へ、四球、ライト前タイムリーで1失点、二ゴロエラー、ライト前へのタイムリーでさらに2失点、サードライナー、ダブルスチールで2・3塁、センター前へタイムリで1失点、二ゴロ
7回裏  1死後、野元内野安打、南部レフト前ヒット、三崎のセンタータイムリーで1得点、上村四球、長嶺の二ゴロゲッツーが崩れて1得点、山北センター前タイムリーで1得点、永山四球、永田がセンター前へタイムリーで1得点、富田四球、野元ニゴロ
8回裏  2死後、上村四球→パスボールで2塁へ、長嶺レフト前タイムリーで1得点、山北ライト前ヒット→3塁悪送球で2・3塁
9回表  センター前ヒット→2盗、レフト前ヒット、死球、遊ゴロエラーで1失点、押し出し四球で1失点、遊ゴロ、一ゴロ、押し出し四球で1失点、センターフライ



 

2回表、2塁打の後のセンター前ヒットで先制を許す
2回表、2塁打の後のセンター前ヒットで先制を許す

 

村上監督、坂コーチ。連敗脱出へ!
村上監督、坂コーチ。連敗脱出へ!

 

この日2打点の長嶺、まだまだこれからこれ以上を!
この日2打点の長嶺、まだまだこれからこれ以上を!

 

高卒ルーキーの永田、2安打2打点と活躍
高卒ルーキーの永田、2安打2打点と活躍

 

2番手は田中が登板、4失点2自責点と乱調
2番手は田中が登板、4失点2自責点と乱調

 

8回は3番手山口、1安打1四球も無失点
8回は3番手山口、1安打1四球も無失点

 

3安打1打点のデブリン山北、好調をキープ
3安打1打点のデブリン山北、好調をキープ

 

9回は中西、3失点1自責点
9回は中西、3失点1自責点

 

取材を終えて

1試合で12四死球、エラー6つ。

すべてが投手陣の責任ではないにしても12四死球では試合の組み立ては難しいですね。

対する兵庫ブルーサンダーズも10四死球と両チーム合わせて1試合で22四死球という試合。

ファンの方はどう見たでしょうか、またこの数字を見てNPBのスカウトの人達はどう感じるでしょうか。

 

こんな状況でもたくさんの方が球場に足を運び、応援をしてくれている。

これをどうとらえていくか、選手のみなさんには考えてもらいたいです。

 

 

 

写真・文:東大阪バーチャルシティ 安原武男

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA